『成毛式・実践マーケティング塾』
- 2017/09/09(Sat) -
成毛眞、日経MJ 『成毛式・実践マーケティング塾』(日本経済新聞社)、読了。

マーケティングの本としては、まとまりがないように感じられるのですが、
日経MJの連載だったということで読めば、
具体事例や時事ネタを踏まえながら面白く分かりやすく書いており、
読みやすかったです。

総合的なマーケティング論としてではなく、
経営者としての心構えが、マーケティングの解説の端々に
鋭い言葉となって挟まれており、そこが勉強になりました。

日本企業をダメにしたのは経営企画室


その手の部署に10年近く在籍していた身としては、耳が痛い言葉です。

確かに、現場のことを全然分かっていないのに、
社長の方を向いて事業計画とか作っていたなぁ・・・・・なんて。反省。
でも、組織の役割がそう定義されちゃっている以上、
そのように動かざるを得ないところもあり・・・・。言い訳。
自分で書いた計画を、自分自身は実行できる立場にないことがもどかしかったんですよね。

戦略上の目標を決める

これは本当に反省点。
戦略は描いたつもりでも、評価するための指標を目標値として置かないから
結局、情緒的な「みんな頑張ったね」という評価で終わってしまうという。
でも、数値目標を置こうとすると、担当役員とかが反対するんですよねぇ・・・・・。

戦略を立てて、遂行し、評価するというPDCAサイクルは、
経営トップに立ってこそ、楽しくやり甲斐があることなんじゃないかなと思います。

終盤、三重県の話が出てきたのですが、
1つ提言しているのは、観光振興のために近鉄に豪華列車を走らせるという案。
2002年の著作にさらっと書いてありますが、近鉄が豪華特急しまかぜを導入し
鉄道マニアや富裕シニア層に大人気ですが、この案が出てきたのは2009年頃だそうで。
成毛さん、目の付け所が時代を先取りしてますねぇ。

成毛さんへの興味が増した読書となりました。


成毛式・実践マーケティング塾成毛式・実践マーケティング塾
成毛 眞 日経MJ

日本経済新聞社 2002-06
売り上げランキング : 594761

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  成毛眞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ねこに未来はない』
- 2017/09/08(Fri) -
長田弘 『ねこに未来はない』(角川文庫)、通読。

実家で母がネコを飼っています。
私と弟が家を出てから、どんどん数が増えて、今では3匹+長期家出中1匹。
かといって、わたしは愛猫家というわけではなく、
そこに居るから撫でてあげるだけで、特に関心なしです(爆)。

というわけで、ちょっとドキッとするタイトルに、
ネコとどんな向き合い方をしているエッセイなのだろうかという興味で買ってきたのですが、
あにはからんや、愛猫家のエッセイでした・・・・・。

著者は、もともとネコ嫌いだったのが、
ネコ好きの奥様の影響で猫を飼うようになり、ネコなしの生活が想像できなくなった
と言い訳をしていますが、私からすれば、本作の冒頭から立派な愛猫家の文章です。

正直、愛猫家語と言えるようなコトバで書かれているので、
私の頭には入ってこず、あまり共感もできませんでした。

ペット禁止のアパートで隠れて飼っちゃうんだ・・・・・
それをむしろ誇らしげに書いちゃうんだ・・・・・
というようなところが。

世の中に、ネコが嫌いな人が生まれてしまう理由が見えたような気がします。


ねこに未来はない (角川文庫 緑 409-2)ねこに未来はない (角川文庫 緑 409-2)
長田 弘

KADOKAWA 1975-10-01
売り上げランキング : 337339

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『オケ老人!』
- 2017/09/07(Thu) -
『オケ老人!』

地元で無料映画上映会があり、時間があったので行ってみました。
田んぼの真ん中にドーンと聳え立つ立派な公共ホール。
分かりやすい地方自治のあり方です。

で、肝心の映画の方ですが、
若い高校教師が勘違いで入団の意思表明を出してしまった交響楽団は、
高齢者だけで構成する落ちこぼれ楽団。
もっと良い楽団で演奏したいと思いながらも、何だかんだの末、
落ちこぼれ交響楽団の指揮者として演奏会を開催することに・・・・・。

かなりドタバタ系の作品です。
もし、私一人で家で見ていたら、
「こんな展開、ありえないだろ~ぉ」と言いながら
小バカにしていたと思うのですが、
今回は、500人ぐらい入るホールで見ていたので、
周りがあははと笑う雰囲気にのまれて、何となく楽しく観てしまいました。

脚本のアラとか、演出のアラとか、
言い出したらキリがないくらいなのですが、
見ていた環境が功を奏しました。

だって、老人を笑う映画を、老人が見て笑っているのですもの。
オケメンバーが倒れて欠員になったり、
最新の機器を操れずに右往左往したり、
息子との家業引継ぎ問題で揉めたり、
そんな高齢者アルアルを、高齢者が見て笑ってるんですもの。
30代も笑っちゃいますわよ。

60歳や70歳を超えて、最近の映画を見に来よう、
見て楽しもう、みんなで笑おうという気概で
田んぼの真ん中に立つ公共施設に500人規模で人が集まるのって、
これはこれで凄いことだなと思いました。

映画自体はあまりヒットしなかったかもしれませんが
地方のドサ周りには、丁度よい作品かもしれませんね。


オケ老人! [DVD]オケ老人! [DVD]

TCエンタテインメント 2017-05-02
売り上げランキング : 9752

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『白夜行』
- 2017/09/06(Wed) -
東野圭吾 『白夜行』(集英社文庫)、読了。

ヒットしているのは分かってたので、読んでみたいなぁと思いながら、
あまりの分厚さに買うのを躊躇っておりました。
が、ブックオフが全品20%引きセールをしていたので
ドカ買いついでに、勇気を出してエイヤッと買ってきました(笑)。

1973年に起きた質屋殺し。
その被害者の息子と、容疑者の1人だった女の娘。
2人の子どもの30歳までの人生が断片的に描かれていきます。

それぞれのエピソードが交互に描かれていくのですが、
第三者の目から見た様子で語られていくので、
その内面が見えてこず、非常に不気味な印象が積み重なっていきます。

事件当時に自宅に居なかったかもしれない息子、
容疑者の女が死んだときに、自殺ではなく事故として処理させた娘、
いずれも小学生の立場で、この設定は気持ち悪いです。
そんな子供が大きくなっていく過程で起こる不審な事件、事故たち。

レイプ事件、ハッキング事件、離婚騒動、失踪事件、そして殺人、
息子の周辺の方が、金銭的な臭いがきついので
まだ現実味があるというか、想像できる範囲の犯罪の匂いですが、
娘の方は、被害者やその周囲の人が精神的に破滅してしまうような
むごたらしい事件が多くて、女の執念深さというか、
怨念みたいなものを感じてしまい、本当に怖いです。

このように20年近い時間の経過の中で起きる事件を、
オイルショックやバブル崩壊などの時事ネタと絡めて
上手く時代背景を利用しながら、社会全体の心理状況や経済状況も
この2人の行動のリアリティを増すように使われていて
上手い見せ方だなと感心しました。

最後まで2人の描写が交わることはないのですが、
その演出もうまいです。

刑事、探偵、会社役員、様々な人が真実を追いかけましたが、
彼らの推理も交わったり、交わらなかったり。
このあたりの匙加減が絶妙でした。

総じていうと、人間って怖い!


白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)
東野 圭吾

集英社 2002-05-25
売り上げランキング : 2745

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ




この記事のURL |  東野圭吾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『東京観光』
- 2017/09/04(Mon) -
中島京子 『東京観光』(集英社文庫)、読了。

短編集です。
中島京子作品は、面白いものそうでないものの好みの差が激しいのですが、
本作は残念ながら後者でした。

つかみどころのない話が続いて、
ふわふわした不安定な読み心地のまま終わってしまった感じです。

冒頭の「植物園の鰐」は、話の骨組みを理解する前に
終わっちゃった感じで、その時点で作品に乗っかるのに失敗しました。

で、「シンガポールでタクシーを拾うのは難しい」に入っても、
登場人物たちに共感できず、そのままズルズルと行ってしまいました。

「天井の刺青」は面白かったかな。
都会のアパートの隣人という不気味なところを活かしつつ、
変な方向に話が進んでいってしまうのを、
登場人物の1人が語る話を第三者が聞くという設定にしているところが
上手く演出効果になっていたかなと思いました。

「コワリョーフの鼻」とかは、
テーマ設定は興味深いと思ったのですが、
夫婦の会話のあまりに不自然な流れに気を取られて、
結局、コワリョーフの話は目の上を流れていった感じです。

うーん、面白いと思うツボが著者とはズレちゃってるのかな。


東京観光 (集英社文庫)東京観光 (集英社文庫)
中島 京子

集英社 2014-08-21
売り上げランキング : 226698

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  中島京子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ワラをつかむ男』
- 2017/09/03(Sun) -
土屋賢二 『ワラをつかむ男』(文春文庫)、読了。

土屋センセ、いつの間にか定年退職して
神戸に引っ越していたようで。
もう、そんな御歳なのですね・・・・・。

これまでの、学生との対決や、助手との攻防がなくなってしまい、
物足りなさが膨らんできてしまいました。

すでに、これまでの読書感想も、
惰性で買ってしまっていることを若干悔やんでしまうことが多くなっており、
そろそろ打ち止めかなぁ・・・・・という感じです。


ワラをつかむ男 (文春文庫)ワラをつかむ男 (文春文庫)
土屋 賢二

文藝春秋 2014-08-06
売り上げランキング : 73998

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  土屋賢二 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『時をかけるゆとり』
- 2017/09/02(Sat) -
朝井リョウ 『時をかけるゆとり』(文春文庫)、読了。

エッセイです。
タイトル通り、ゆとり世代の著者が、
高校時代や大学時代の出来事を振り返ります。

かなり自虐的。
お腹が弱くすぐにトイレに駆け込むこと、
面長であることを不意に周囲から知らしめられること、
無謀なことを無計画にやろうとして直前に現実を見ること、
どれも、客観的に見れば阿呆なことばかりですが、
どこまで素なのかつかみどころがない感じもします。

夏に北海道で行われるフェスに車で行こうとして、
青函トンネルを車で走れないことに直前で気づくとか、
ある種、狙ってそういうことをしでかしているのではないのだろうかと
思ってしまうようなトンチキぶりです。

でも、あんまり嫌みなく、アハハと笑えるように
サラッと書けてしまうのは、著者の力量でしょうね。

早稲田大学ご卒業ということで、
学生時代の話には、ワセダらしい、馬鹿を真剣にやるような遊び心が随所に見られます。
100キロハイクとか、私の大学にも同じようなことをやっている部があり
「学生の馬鹿エネルギーの出ていく先は、似通ってるのかも」
と思ってしまいました。

自分が所属している時代や世代を切り取って描くのが
ものすごく上手い作家さんだなと感じました。


時をかけるゆとり (文春文庫)時をかけるゆとり (文春文庫)
朝井 リョウ

文藝春秋 2014-12-04
売り上げランキング : 6983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー65巻1号』
- 2017/09/01(Fri) -
『一橋ビジネスレビュー65巻1号』

特集は、「ノーベル賞と基礎研究」ということで、
社会科学系の大学から出る本としては何だかピンと来なかったところがあり、
しばらく読まずに放置してました(苦笑)。

長時間の電車移動があったので、そのお供に持って行ったのですが、
読み始めたら、「ノーベル賞を獲るにはどうやったら良いか」
「ノーベル賞を獲る前と獲った後では業績はどう変わるか」というような
あくまでノーベル賞の効用の部分に絞った論述が多く、
神聖化していないところが、ノーベル賞と縁がなさそうなヒトツバシらしいなと(爆)。

平和賞とか物議を醸す選出も多い昨今ですが、
経済学賞は、もともとのノーベル賞にはなかったスウェーデン中央銀行資金の賞だとか、
アメリカからの受賞者の偏りの現実とか、
そういうアレコレを知るにつけ、普遍的で神聖な賞なのではなく
あくまで一つの価値観のもとに選ばれる賞なんだということが明確になり、
こういう視点は、もっと日本人全体に知らしめるべきだと感じました。

一方で、ノーベル賞の日本人受賞者を2050年までに30人輩出するという政府目標は、
研究分野への投資効果を測定する1つの指標としては、
有効なのではないだろうかと思いました。

基礎研究に莫大なお金が必要となる現状において、
政府が相応の体制で支援しなければ、研究成果も出てこないでしょうし、
その1つの具体的かつ象徴的な目標としてノーベル賞があげられるのは、
分かりやすいと思いました。
ま、このおかげで最近の社会科学の分野は、優先順位が下げられて
苦汁を舐めさせられているという点は残念ですが・・・・・。

ただ、世界の頂点を狙えるような研究分野は、
やはり、国の歴史や文化の影響を多大に受ける人文科学や社会科学よりも
自然科学分野の方が期待が持てるでしょうし、
日本のこれまでの実績からしても、国策の設定の仕方としては
納得性が高いかなと思います。

本誌では、ノーベル賞受賞者の野依先生が、米倉先生らと対談して、
政府目標を受けて国が示すべきビジョンとか、研究者の在り方とかを議論していますが、
こういう受賞者の視点と、枠外の社会学者の視点と
両方をバランスよく政策の中に盛り込んでほしいなと願います。

というわけで、当初の期待の薄さとは異なり、
非常に面白い特集でした、。

他にも、知的障害者支援施設のこころみ学園の物語とか、
ビジネスの「当り前」を疑うブラケティングの話だとか、
興味深い記事がたくさんありました。


一橋ビジネスレビュー 2017年SUM.65巻1号一橋ビジネスレビュー 2017年SUM.65巻1号
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2017-06-16
売り上げランキング : 204212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『さよなら小売業!』
- 2017/08/31(Thu) -
鈴木豊 『さよなら小売業!』(PHP)、読了。

タイトルだけ見てドカ買いしてきた本だったのですが、
てっきり、生産者が消費者に直販を始めるという内容だと思い込んでました。
が、実際は、小売業者が知恵を絞れ!という話で、
どこまで行っても小売業の話でした(苦笑)。

単なる売り場に商品を並べるモノ売りから、
ライフスタイルを提案していく売り場づくりにに変えていきましょうということなのですが、
今更感の溢れる内容でした。
まあ、10年以上前の出版なので仕方ないですが。

あと、著者独自の言葉遣いが理解をしにくくしています。
「四重奏経営」とか。
毎度、「どんな方針のことを言ってるんだっけ?」と前に戻らないと
頭がついていけない感じです。

そして、専門用語もちょこっとアレンジされてるのが読みづらいです。
ダイバーシティを「ディバーシティ」とか。
本来の発音はそうなのかもしれませんが、
日本語として定着した横文字は、一般的な書き方をして欲しいなと。

ただ、各章の冒頭に示される著名人の言葉は、
含蓄のあるものが多く、興味深かったです。


さよなら小売業!―四重奏経営(カルテット・マネジメント)でライフスタイル提案業を目指せ!さよなら小売業!―四重奏経営(カルテット・マネジメント)でライフスタイル提案業を目指せ!
鈴木 豊

PHP研究所 2004-03
売り上げランキング : 2537658

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阪神×ヤクルト
- 2017/08/30(Wed) -
今年2度目の野球観戦は、
初めて阪神甲子園に行くことができました!

甲子園 20170829 (23) (800x450)

長期ロードから戻った初戦です。
否が応にも、甲子園球場は大盛り上がり。
このサラウンドな感じの応援、素晴らしい迫力ですね。

先発は勝ち運に見放された小野投手。
ヤクルトは石川投手。
新人 vs ベテランの、勝ち運ない対決でした。

初回から、小野投手は制球が不安定で四球出しまくり。
ボール先行で、2回終わった時点で40球ぐらい投げてて、
こりゃダメだわ・・・・・という感じでしたが、
ヤクルトの拙攻に助けられ、残塁の山、まさかの無失点投球。

こんな状態で、阪神ファンからは野次がバンバン飛んでおり、
褒めるだけじゃない、真剣な応援ぶりに、さすが甲子園・・・・・と変な感動。
でも、この、メリハリのある応援スタイルは好きでしたわ。
ちょっと野次が続くと怖かったけど。

ちなみに、この日ホテルに戻ってから各スポーツニュースを梯子しましたが、
どの番組でも、「小野のストレートが冴える」みたいな初勝利オメ編集になっていて、
ニュースって信じちゃいけないと思ってしまいました(爆)。

甲子園 20170829 (6) (800x450)

見事な夕焼けを眺めながら、
陽が沈むころには小野投手の投球も安定してきて、
阪神側は、これまたヤクルトの拙守に助けられてポコポコと3得点。
なんだか、スカッとする点の取り方ではなかったですが、
相手のエラーに付け込んで、きっちり得点まで持っていくというのは
大事なスキルだと思いました。

終盤は、桑原、マテオ、ドリスのリレーで、安定の完封リレー。
序盤のモタモタした展開はどこへやら・・・・9時前に試合は終わってしまいました(笑)。

甲子園 20170829 (17) (800x450)

梅野選手やロジャース選手が見られなかったのは残念。
それはまた、来年の観戦までのお楽しみですね。

甲子園 20170829 (22) (800x450)

勝利の儀式、ヒーローインタビューも見られて、
満足な観戦でした。

この記事のURL | スポーツ観戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ