FC2ブログ
『ここが日本の問題点』
- 2010/12/18(Sat) -
池上彰 『ここが日本の問題点』(青春文庫)、読了。

池上本は2冊目ですが、本作は内政問題を中心に取り扱っています。
ニュース解説の枠内に収まったものが多くて、
前回、国際政治問題についての本を読んだ時ほどの衝撃はありませんでした。

ま、内政問題については、本でも新聞でも雑誌でも
いろんな人が言いたい放題の論陣を張っているので、
今更新しい視点が飛び出してくるというのは無さそうです。

それに比べると、やはり外交、特に中国問題なんかは
意見を丸めてしまったり、もごもご誤魔化したりする人が多い中で、
池上父さんはスバっと言ってくれるので、気持よいですよね。

今後は、国際問題の本に絞って読もうかな?


ずばりわかる!ここが日本の問題点―ニュースのかしこい読み方 (青春文庫)ずばりわかる!ここが日本の問題点―ニュースのかしこい読み方 (青春文庫)
池上 彰

青春出版社 2005-04
売り上げランキング : 373898

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  池上彰 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ニュースでわかる世界の裏事情』
- 2010/02/17(Wed) -
池上彰 『ニュースでわかる世界の裏事情』(青春文庫)、読了。

「週刊こどもニュース」のお父さんの著作です。

北朝鮮問題、日中関係、中台関係、アメリカの覇権主義、中東問題、EU問題・・・
様々な問題をわかりやすく解説してくれているのですが、
元NHK記者という肩書に馴染んでいると、
「えっ?そんなことまで言い切って大丈夫?」と
こちらが不安になるほど、バッサリと斬ってます。

もし台湾が独立を宣言して、中国軍が攻撃したら、どちらが強いの?

なんていう問いを立てること自体踏み込んでいますが、

いまの中国軍の力では、軍隊を送って台湾を占領する能力はない。

とまぁ、これまたバッサリ。

NHK職員も、フリーになれば、言いたいこと言う人もいるのね・・・と
勉強になりました。

そして、最も印象に残ったのが、
ユダヤの神も、キリストの神も、アラーの神も、同じものを指しているんだということ。

わたくし、てっきり、ユダヤ教&キリスト教の世界とイスラム教の世界とは、
全く別次元を指しているんだとばかり思っていました。
ムハンマドは、最後の預言者なんですね。
お恥ずかしい限りです。


池上彰のニュースでわかる世界の裏事情 (青春文庫)
池上彰のニュースでわかる世界の裏事情 (青春文庫)
青春出版社 2007-03
売り上げランキング : 3417

おすすめ平均 star
starすごく分かりやすい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  池上彰 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |