FC2ブログ
『クイーン』
- 2008/08/06(Wed) -
『クイーン』

これは面白かったです!

ダイアナ妃の事故死から1週間という
とっておきの舞台設定であることもさることながら、
そもそも英国王室の日々の様子を垣間見られたことに興味津津。
毎日毎日鹿狩り??

そして、これぞ英国コメディという皮肉のオンパレード。
英国王室の皆様、コメディセンスが◎?!
エジンバラ公も王太后もきっついわー。

また、女王陛下の自由度にもびっくり。
女王陛下が一人で車を運転してるわ、
突如、台所にやってきて電話に出るわ、
首相のアドバイスを蹴散らすわ。

「君臨すれども統治せず」とは言えども、
統治者としての実権力を発揮しているように感じました。
王室にも様々な形態があるようです。

そして、本作では、とにかくトニー・ブレアが格好良く描かれています。
まぁ、当時のトニー旋風は、本当にこんなものだったような記憶がありますが、
それにしても本作ではヒーロー扱いです。

こうして、「ブレア&国民vs女王」というシンプルな対立構図になるのですが、
そこで女王が一方的な悪者にならないところが、
この映画の脚本・演出の凄いところであり、
ヘレン・ミレンの演技の素晴らしさであり、
そしてエリザベス2世という統治者の治世への信頼の厚さであると思います。

女王陛下の判断は遅く、また真意ではなかったようですが、
それを自分の義務と決断してからの立ち振る舞いは見事です。
日本もそうですが、1000年以上も続く王家の重みは、
なんだかんだ議論はありつつも、その国民の支えになっていると思います。

それにしても、ダイアナという女性の神秘性は凄まじいです。
生前の報道映像を使っているだけなのに、
画面から訴えかけてくるものに迫力を感じました。


クィーン<スペシャルエディション>
クィーン<スペシャルエディション>ヘレン・ミレン

おすすめ平均
starsきれいに飾って終わってしまった…、不完全燃焼
stars映画というよりドキュメンタリー
stars対応の悪いエリザベス女王の好感度が上がる理由
stars隅々まで、職人根性溢れる映画!
starsAgainst the madness of crowds even the gods contend in vain

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL |  ヘレン・ミレン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『パーフェクト・ブルー』 | メイン | 日本語王&内P>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/996-543b87e3
| メイン |