FC2ブログ
『化石』
- 2005/12/09(Fri) -
井上靖 『化石』(角川文庫クラシックス)、読了。

自分が死病にとりつかれていることを知った人間が
どのように考え、どのように行動するのか。
死病にかかった100人の人間がいれば、100通りの考えと行動があるのだろう。
この一冊を読んだだけで、死病を患った人間を知ったことにはならない。
しかし、たとえ1/100のことであれ、この一冊は、ある人間の死病とのつきあいを
余すところなく描いている。
ちょっとしたきっかけで、大きく変化する心の動きを見事に捉えている素晴らしい作品だった。

一方で、主人公・一鬼が、死病と闘うのではなく、ただ受け入れようとする姿勢、
むしろ、医師や周囲の人間を拒むかのような姿勢を、
実際に必死で死病と闘っている人間、また死病と闘い力尽きた人間は、
どう感じるのだろうかと思うと、居た堪れない気持ちになった。
「生きよう」という気持ちに積極的になれない主人公に対し、
死病と闘った人を見送ったことのある自分は、
複雑な気持ちになった。

化石
化石井上 靖

角川書店 1969-11
売り上げランキング : 490,988

おすすめ平均 star
star命の重さとフランスの田園風景の美しさ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  井上靖 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ピープス氏の秘められた日記』 | メイン | ビデオが壊れた日>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/98-09afc235
| メイン |