FC2ブログ
『スメル男』
- 2008/06/29(Sun) -
原田宗典 『スメル男』(講談社文庫)、読了。

久しぶりの原田作品。

ある日突然、激烈な体臭を発するようになった男が
東京中に腐臭を撒き散らす・・・・・

かなり現実離れしたお話なのですが、
天才少年たちが現れてから、突如として地球平和規模の話になり、
最後は、SFアクション映画のような場面へと突入していきます。

荒唐無稽なようでいて、
意外と最後まで楽しんで読めてしまいました。
何でだろ?

ナルヒトとマキジャクの活躍ぶりに
結末を知りたくなったからかな?

主人公タケルのどもり症は
これぞ原田作品というようなキャラクターですが、
前半、お話がゆっくりと進む間は、少々うっとうしく感じました。
後半、急展開してからは、ある意味、良い息抜きになっていたのかも。


スメル男 (講談社文庫)
スメル男 (講談社文庫)原田 宗典

おすすめ平均
stars臭い話し
stars臭ってきそう!!
starsどんな臭いやねん
stars主人公の名前が思い出せない
stars気付かなかったものがそこにはある

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  原田宗典 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<イッテQ&日本語王 | メイン | 『陽のあたらない坂道』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/965-386f8aeb
-『スメル男』-
スメル男 (講談社文庫)原田 宗典 講談社 1992-06-04Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 十七歳だった! (集英社文庫) たまげた録 (講談社文庫) 優しくって少しばか (集英社文庫) 平成トム・ソーヤー (集英社文庫) スバラ式世界 (集英社文庫) 原田宗典による長編小説。 高校の頃くらいに読み、かなり印象に残っていたので思い出しながら書く。 主... …
2015/02/08 15:52  雨読夜話 ▲ top

| メイン |