FC2ブログ
『失踪症候群』
- 2008/06/17(Tue) -
貫井徳郎 『失踪症候群』(双葉文庫)、読了。

症候群シリーズの第一巻。
順番間違えて『誘拐症候群』から読んでしまったのですが、
チーム環のメンバーの一人である原田の家庭が事件に絡んでいて、
「あれっ?チーム環って、こんなに読者の前に姿晒すんだったっけ?」と
軽い違和感を感じながらの読書。

でも、やはり貫井作品には「追いかける」というワクワク感がありますよね。
ただエンタメ的に楽しいのではなくて、
悲しみや恐ろしさが綯交ぜになったワクワク感。
次を期待させる筆致は流石です。

物語としては、多くの失踪者の共通項を洗い出そうと
片っ端から手をつけるという捜査方針で手をつけた
最初の3人に思わぬ展開を呼ぶ人物が混じっているというのは
いささか都合いいかな?という気もしました。

また、こんな事件が絡んでるなんて捜査着手当初は誰も想定してなかったでしょ?
というような唐突感は若干ある気がしますが、
それでも、最後うまく話はまとまっていって、
「読み終わった!」という感覚は得られました。


失踪症候群 (双葉文庫)
失踪症候群 (双葉文庫)貫井 徳郎

おすすめ平均
stars砂の果実
starsまるでスパイ映画
stars症候群シリーズ第1作
stars自分自身から逃げてはいけない!
stars症候群3部作の1作目

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

誘拐症候群
誘拐症候群貫井 徳郎

おすすめ平均
starsキャラクター
starsスリリングな展開♪
stars第1弾よりパワーアップ
stars匿名性
starsシリーズ第2弾もなかなか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  貫井徳郎 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<『ヤバい経済学』 | メイン | 『サンキュー・スモーキング』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/953-0d95c313
-「失踪症候群」貫井徳郎-
失踪症候群 (双葉文庫) 貫井さんファンのお友達から貸してもらいました。「慟哭」の時も思ったのだけれど、読みやすいです。すいすい読めます。 出てくるのは事件になるかどうかわからないような案件を極秘に調査する、警視庁でも一部の人間しか知らない非公式のチー …
2008/09/29 14:37  本のある生活 ▲ top

-小説『失踪症候群』貫井徳郎-
 これまで『被害者は誰?』『悪党たちは千里を走る』と、コメディタッチの貫井作品を読んできましたが、残念ながらというか何というか、貫井氏の著作はシリアスなものの比重が大きく、コミカルなものはもう他... …
2011/01/08 22:28  闘争と逃走の道程 ▲ top

| メイン |