FC2ブログ
『疾走』
- 2008/05/31(Sat) -
重松清 『疾走』(角川文庫)、読了。

秀才と言われた兄が放火犯で捕まった・・・・・
それを契機に追い詰められる家族、そして弟シュウジ。

読む前から、重いだろうなという予感はあったものの、
ここまでしっかり描き込まれると、途中で放棄したくなります。
それでも放棄することができないほど捉えられてしまう私。

十四歳が背負った運命はあまりに過酷で、
「作り物じみてるんじゃない?」と思ってしまう自分も居るのですが、
でも、一つ一つの展開に合理性があり、
それらが繋がったときに、こんな悲劇の物語になってしまうのだと納得。

表立っての物語の転機は兄の放火となっていますが、
しかし、物語が始まった時点で、なんだか違和感を与える家族。
すでに砂上の楼閣となっています。
崩れるのは時間の問題。

近隣地域の差別問題、バブル期の地方開発、いじめの構造、
能力の無い教師、地方の進学制度、親子間のコミュニケーション、性・・・・・・
様々な問題の絡まりをひとつひとつ焙り出し、
人間は、複雑な環境に置かれながらも、時に単純な理由で激烈な行動を起こす、
そういうことを考えさせられた作品でした。

テクニカルな面では、終始、主人公を「おまえ」と呼びかける文章は
慣れるのに時間がかかりました。
最初は、「主人公自身が自分の心の内を語る形式の方がいいな」と思っていたのですが、
下巻に入り、「客観的な視点の置き方で助かった」と思いました。
主人公の独白形式だと、重すぎて、とても読めなかったような気がします。


疾走 上 (角川文庫)
疾走 上 (角川文庫)重松 清

おすすめ平均
stars表紙のとおり
starsライター重松の面目躍如
stars彼の叫び声だけが残る
stars思春期における孤独と性
stars常に心臓をつかまれているような苦しい感覚で読む。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

疾走 下 (角川文庫)
疾走 下 (角川文庫)重松 清

おすすめ平均
starsひとり という意味
stars誰か一緒に生きてください……
stars殺気立つ孤独
stars救いはあるか?激烈な人生。
stars惜しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  重松清 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<ダイビング @西川名 | メイン | 『我らが隣人の犯罪』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/931-764f5a52
-疾走-
疾走 著 者:重松清 出版年:2003年 出版社:角川書店 シュウジは物知りな4つ年上の兄、シュウイチが大好きだった。シュウイチが笑い、シュ... …
2008/07/07 23:56  映画三昧、活字中毒 ▲ top

-【疾走】 重松清-
中学生のシュウジが暮らす町は「沖」と「浜」に二分され、「浜」の人々は「沖」を一段低く見ている。 町にリゾート開発計画が持ち上がり、... …
2009/03/21 15:31  ぱんどらの本箱 ▲ top

| メイン |