FC2ブログ
『ぼくの大好きな青髭』
- 2008/05/24(Sat) -
庄司薫 『ぼくの大好きな青髭』(中公文庫)、読了。

「薫くん」シリーズを久々に。

60年代を舞台にしていながら、なんだか近未来のお話を読んでいるような気分になりました。
登場人物が、「シヌヘ」であり「船長」であり「魚屋」であり
「十字架回収委員会」なんてものまで登場してくるからでしょうか?

その十字架回収委員会とその研究会について
青年2人が薫くんに語って聞かせるくだりが、一番面白かったです。

理想を掲げる青年たちと
理想を掲げる青年たちに働きかけようとする青年たちと、
理想を掲げる青年たちと働きかけようとする青年たちを観察する青年たち。

「人間の作る社会って、そうだよね・・・」と思わせる論でした。


ぼくの大好きな青髭 (中公文庫)
ぼくの大好きな青髭 (中公文庫)庄司 薫

中央公論新社 2002-10
売り上げランキング : 84976

おすすめ平均 star
star薫ちゃんシリーズ完結編
star全部読んでこその「薫クン」シリーズ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイビング @IOP | メイン | 『顔に降りかかる雨』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/926-0c87b242
| メイン |