FC2ブログ
『不発弾』
- 2008/04/14(Mon) -
乃南アサ 『不発弾』(講談社文庫)、読了。

この方の純粋な短編小説は初めてでした。

初っ端の「かくし味」は、奇妙な味のミステリー。
阿刀田高の作品を読み慣れている身としては、
ちょっと捻りが足りないような、最後の数行にパンチが足りないような
ちょっと不足感を感じてしまいました。
ミステリー的には面白い結末だったんですけどね。

で、乃南アサここにあり!と思わせたのは表題作の「不発弾」。
イライラが募っていく様を見事に描いてます。
人間の負の感情の描写をさせると乃南アサさんは素晴らしいですね。
そして、また、この主人公のおっちゃんが、情けないんだわ。
その情けなさが家族にとことん見破られているのがまた残念な感じで。
こういう残念な人に限って、自分の力の無さに目がいかないで
「なんで俺だけこんな目に」って不満タラタラなんですよねぇ。

「福の神」は、読んでいる最中は不快な客にイライラするのですが、
後味の良い作品でした。


不発弾 (講談社文庫)
不発弾 (講談社文庫)乃南 アサ

講談社 2002-01
売り上げランキング : 183284

おすすめ平均 star
starやっぱり乃南は
star考えさせる一冊!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL |  乃南アサ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『毒婦伝奇』 | メイン | 『オバはん編集長でもわかる世界のオキテ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/880-20916e75
| メイン |