『月の扉』
- 2008/03/29(Sat) -
石持浅海 『月の扉』(光文社文庫)、読了。

お初の作家さんです。

師匠と呼ばれるカリスマが不当逮捕され、
彼を慕っていた人々が、ハイジャックを実行する。
彼とのイベントのために・・・・・。

犯行の動機が、あまりに異世界な感じがして馴染めない部分があったのですが、
軽妙な物語の進め方に、面白く読めました。
真壁と座間味くんのやりとりが良かったです。

真壁は、極限状態に置かれてもウィットにとんだ対応ができる人物だったので、
小説のキャラクターとしては面白いと思ったのですが、
最後の行動が化けの皮が剥がれた感じで、残念でした。

また、小説を語る視点となっていた聡美は、あんまり魅力的には映りませんでした。
座間味くんが皮肉ったように。

しかし、なぜ人間味あふれる師匠の取り巻きが
こんなにも非常識な狂信者になってしまうのか。
いわゆる宗教の発生とは、こんなものなのでしょうか?
石嶺自身を直接描写した部分が少なかったので
彼のカリスマ性は間接的に柿崎らが語る言葉でしか伝えられず
彼自身の素晴らしさはよくわかりませんでした。
多くの子どもを助けてきながらも、ある日を境に子供への興味は捨てて
あちら側の世界に旅立とうとする自分本位なところもあり、
彼の魅力とは何だったのでしょうか?
何にもとらわれずに、自分の思い通りに行動するところに彼があったのでしょうか?

結局、柿崎の行為により、石嶺の神秘性は、
またもや直接描写されることなく小説は終わってしまったのですが、
15人についての一文が、結構恐怖心をかきたてられました。


月の扉 (光文社文庫)
月の扉 (光文社文庫)石持 浅海

おすすめ平均
stars予想外
stars独創性はバッチリ!!
stars新興宗教的な話で個人的には好きではなかった
stars稚気、愛すべし
stars扉の向うを、知りたかったなぁ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  石持浅海 | CM(0) | TB(4) | ▲ top
<<『火の粉』 | メイン | 『驚愕の曠野』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/863-b34bfaee
-月の扉/石持浅海-
月の扉 (光文社文庫)/石持 浅海 ¥620Amazon.co.jp 【沖縄・那覇空港で、乗客240名を乗せた旅客機がハイジャックされた。 犯行グループ3人の要求は、那覇警察署に留置されている彼らの「師匠」を空港まで「連れてくること」。 ところが、機内のトイレで乗客の一... …
2008/06/26 07:15  狭間の広場 ▲ top

-石持浅海さん著 『月の扉』を読んだよ!!-
久しぶりの石持さんだなーと思っていたら なんと2年以上たっていた!!Σ(; ̄□ ̄A アセアセ 石持浅海さん著 『セリヌンティウスの舟』を読ん... …
2009/01/14 18:23  のんびり前進じたばた生活 ▲ top

-石持浅海『月の扉』-
月の扉 ふらりと借りてきた本。 石持氏の作品は初読み。 前々から『セリヌンティウスの船』には目をつけていたのだけど、まだ図書館に入ってないみたいで…。 ハイジャックと殺人事件の融合。 飛行機の中での殺人事件っていうと、私はどうしてもコナンくんを思い出して …
2009/08/28 21:14  宴の痕 ▲ top

-月の扉-
月の扉 (光文社文庫)posted with amazlet at 17.03.05石持 浅海 光文社 売り上げランキング: 23,441Amazon.co.jpで詳細を見る 週明けに国際会議を控え、厳重な警戒下にあった那覇空港で、ハイジャック事件が発生した。3人の犯行グループが、乳幼児を人質にとって乗客の自由を奪ったのだ。彼らの要求はただひとつ、那覇警察署に留置されている彼らの「師匠」石... …
2017/03/20 20:44  K's Diary ▲ top

| メイン |