FC2ブログ
『A 2 Z』
- 2008/03/28(Fri) -
山田詠美 『A 2 Z』(講談社文庫)、読了。

やっぱり、私は
山田詠美が書く言葉が好きだわ、会話が好きだわ、日本語が好きだわ
と、実感させてくれた一冊。

言葉のつなぎ方、はずし方が見事に私の好みにマッチする作品でした。

そして、登場人物が魅力的。
みんな、自分を語るための言葉を持っているから
憧れてしまいます。

しかも、秀美くんまで出てくるし(嬉)。

Amy作品は飽きることがありません。


A2Z (講談社文庫)
A2Z (講談社文庫)山田 詠美

おすすめ平均
starsひたすらかっこいい
stars老練な書き手だが…
stars初めての山田詠美
stars上手いね
stars山田詠美さんの作品は初めて読んだけど・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
ぼくは勉強ができない (新潮文庫)山田 詠美

おすすめ平均
starsかっこいい登場人物
stars学校からみるか、子供からみるか
stars良くも悪くも「ヒーロー」小説
stars自己を見直す
starsすごい!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  山田詠美 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『驚愕の曠野』 | メイン | 簿記2級合格!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/861-cb616e53
-「A2Z」山田詠美-
私たち、同じ分量の夜と昼。 男の部屋に通い始めることは、記憶に新たなマップを刻むこと。編集者夏美と郵便局員成生の、とびっきりの恋物語が今始まった! 文芸編集者澤野夏美の勤める会社の向い側にある小さな郵便局、お仕着せの制服でうつむく成生と目が合った瞬間── 恋人の存在を打ち明ける夫一浩への複雑な思い、夏美に心を寄せる新人作家永山翔平との仕事への情熱、たった26文字にこめられた、大人の... …
2016/06/11 19:54  scribble ▲ top

| メイン |