FC2ブログ
『マッチポイント』
- 2008/01/16(Wed) -
『マッチポイント』

ウディ・アレン作品ということで楽しみにしていたのですが、
いつものマシンガントークではなく、サスペンス風味たっぷりの作品に驚きました。
(観る前に、ちょっとは粗筋確認しなさいとお叱りを受けそうですが・・・)

観る人によっては『罪と罰』や『太陽がいっぱい』を想起させる内容のようですが、
どちらの作品も未知で、なおかつ、いつものコメディを期待していた私としては、
正直なところ、ありきたりな不倫物語のようにしか映りませんでした。

それでも、英国上流階級から見た米国からの出稼ぎ者への軽蔑の視線といった描写には
いつものアレン節を見ることができました。
しかし、クリスとクロエ一家の間にもっと摩擦が生じるかなと思っていたのですが、
意外とクリスはしたたか者だったようです。

どうも、登場人物の誰にも感情移入できなかったのがダメだったようです。
でも、スカーレット・ヨハンソンの演技は良かったです。
『ロスト・イン・トランスレーション』とは打って変わっての魅惑的な女性がハマリ役でした。


マッチポイント(通常版)
マッチポイント(通常版)ウディ・アレン レミ・アデファラシン

おすすめ平均
starsうまいなぁ
stars楽しめた!
stars愛欲の恐ろしさと運命の皮肉
stars果たして結末はハッピーか?!
starsとても面白かったです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


罪と罰〈上〉 (岩波文庫)
罪と罰〈上〉 (岩波文庫)Fyodor Mikhailovich Dostoevskii 江川 卓

おすすめ平均
stars一気に引き込まれました。
starsこれが文学だったんですね・・・
starsなぜ罪と罰なのか。。。
stars永遠の聖女ソーニャ
stars上巻の感想

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

太陽がいっぱい
太陽がいっぱいアラン・ドロン マリー・ラフォレ モーリス・ロネ

おすすめ平均
stars全てを露にする真夏の太陽
starsほめる所がいっぱい
starsじりじりと焼けつく映画
stars石田純一さんのお手本・・?
starsかっこよすぎます…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーションソフィア・コッポラ

おすすめ平均
starskeep writing
starsビル・マーレイの功績、コッポラの印籠に隠れる
stars映像美
stars丁寧な描写が良い。
stars日本人の方がどういう風にこの映画をご覧になりましたか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL |  ウディ・アレン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『贈るうた』 | メイン | 『女たちのジハード』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/805-380a27c5
| メイン |