FC2ブログ
『女たちのジハード』
- 2008/01/15(Tue) -
篠田節子 『女たちのジハード』(集英社文庫)、読了。

分厚い本だったので、買ってからしばらく積読状態だったのですが、
目次を見たら短編連作集のような構成だったので、読んでみました。
思いの外スラスラ読めて面白かったです。

やはり、OL5人を中心に据えている話である以上、
「仕事」と「自分らしい生活」という主題が拮抗しているほど、面白く感じました。
「シャトレーヌ」「コースアウト」「扉を開けて」「ファーストクラスの客」あたり。
女性たちが、自分の仕事に対するプライドを見せたとき、
この作品の面白さが光っているように思いました。

一方、職場から離れた後の第二の人生への挑戦は、
私自身にまだ実感がない話のせいか、そこまで身近には感じられませんでした。

とにかく、働くこととは何か、爽やかに考えさせてくれる良い作品でした。

ところで、「ジハード」って言葉、
極端に政治的な意味をもつようになったのは本作が発表された後ですけれど、
作品のテイストとは少しズレが生じてしまってる気がして、残念です。


女たちのジハード (集英社文庫)
女たちのジハード (集英社文庫)篠田 節子

おすすめ平均
starsすばらしい
stars肩のこらない1冊
stars最高に楽しめました!
stars多彩な女性の一貫した結末
starsOLやりますか?それとも、

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『マッチポイント』 | メイン | 『鉄コン筋クリート』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/804-95505eb5
-女たちのジハード / 篠田 節子-
評価 : ★★★★☆ (評価マークについて) 南国リゾートのお供として選んだ本の3冊目、篠田 節子さんの「女たちのジハード」。 もし、... …
2009/10/03 21:40  本とご飯とお昼寝の日々 -読んだ本の感想メモ- ▲ top

| メイン |