FC2ブログ
『或る女』
- 2008/01/06(Sun) -
有島武郎 『或る女』(新潮文庫)、読了。

新年一発目は、古典の名作と呼ばれるものをと思い、
大作である本作に挑戦しました。

で、読み始めて思い出したのは、
「あぁ、私は白樺派を読むのに時間がかかるんだった・・・」ということ。
物語の中に入っていくのに、いつも作品の1/3ぐらいを要するんですよね。

で、本作も、この時代の女性としては信じられないくらい奔放な行動をとる葉子に翻弄され、
なかなかに時間がかかってしまいました。

子供時代の様子から語ってくれたらもっと入りやすかったかも。
作品が始まった時点で、すでに葉子という女性像が出来上がっていたので
明治時代の女性のイメージとのギャップを埋めるのが大変でした。

その分(?!)、後半は非常に興味深く読めました。
特に、葉子の中に倉地への不信の芽が出始めたあたりから
葉子の心が揺れ動く様がよく描かれてました。

最後、舞台を病室に移してからの葉子は、
それまでの奔放さと比較するとあまりに痛々しく、
「早く楽にしてあげたいなぁ」というような思いを持つことも。

とくかく、激烈な女性の半生です。


或る女 (新潮文庫)
或る女 (新潮文庫)有島 武郎

新潮社 1995-05
売り上げランキング : 27789

おすすめ平均 star
star内なる世界の恐怖
starタクト風?な女
star運命に翻弄される女の生涯

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お目出たき人 (新潮文庫)
お目出たき人 (新潮文庫)武者小路 実篤

おすすめ平均
stars段々痛い(トホホ)
starsうむ
stars今更ながらの実篤
stars諦めの悪い男よ、読むべし。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<テンプレ変更 | メイン | ダイビング @福浦>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/794-d65d317b
| メイン |