FC2ブログ
『焦茶色のパステル』
- 2007/12/25(Tue) -
岡嶋二人『焦茶色のパステル』(講談社文庫)、読了。

岡嶋作品は、自分に合うもの合わないものが結構はっきりしているので、
正直、恐る恐る読みはじめたのですが、一気読みしてしまいました。

競馬の世界というものは、ほとんど未知の世界に近いので、
非常に新鮮な気持ちで読めました。
また、香苗という競馬素人を主人公に配してくれているおかげで、
物語の会話の中でうまく説明がなされており、
違和感なく競馬知識を得ることができました。

そして、なによりも探偵役の芙美子のキャラクターが魅力的です。
行動力、推察力、決断力、ユーモアセンス、どれも嫌味っぽくないところが素敵です。
ただ、物語の最後の最後は、「えっ、この人、こういう行動とるの?」と
ちょっと違和感のある終わり方でしたけれど。

謎解きの部分も、中盤で大方の結末が見えたかと思いきや、
最後にもうひと波乱あって、飽きさせません。

確かに黒幕は、物語の途中から急に存在感を示し始めたので
「なにを唐突に・・・」という感じは受けてましたが、まさかねぇという展開。

いろんな謎にそれなりの合理的説明がなされていて、納得もできました。

満足、満足。


焦茶色のパステル (講談社文庫)
焦茶色のパステル (講談社文庫)岡嶋 二人

おすすめ平均
stars乱歩賞らしい
starsどんでん返しを安心して楽しめます。
stars骨太のドラマが良いですね
stars馬が憐れ・・・
stars手堅くまとめられた作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  岡嶋二人 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<Mステ&ワーレコ&イッテQ | メイン | 『マネージャー・どう行動すべきか』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/782-51af5ffe
-小説『焦茶色のパステル』-
 最近くそ忙しいので、blogにかまけている時間がまるでないです。そんなわけで、今後書く記事は内容が薄くというか、ピンポイントで短くなる... …
2008/10/06 21:02  闘争と逃走の道程 ▲ top

| メイン |