FC2ブログ
『光と影の誘惑』
- 2007/12/09(Sun) -
貫井徳郎 『光と影の誘惑』(集英社文庫)、読了。

中編4編が収められた作品。
安定した面白さでした。

「長く孤独な誘拐」
息子が誘拐され、その犯人からの要求はある子どもを誘拐すること・・・
なんとも斬新な設定にぐいぐい読めました。
誘拐犯に指示されて動きまわるくだりは、一つ一つの指示に意味があり、
また伏線の張り方も面白かったですが、
若干、『誘拐症候群』を思い出してしまうところもありました。
結末の持って行き方は、貫井作品らしい救いのないものでした。

「二十四羽の目撃者」
本作は、謎ときのテイストに絞った作品でしたが、
トリックの弱さが腑に落ちませんでした。
サンフランシスコを舞台に米国人の保険屋の主人公と日系人の被害者という設定が
なかなか面白そうな雰囲気を醸し出していただけに残念です。

「光と影の誘惑」
最後のどんでん返しを読んで、それまでの各場面は
いったい物語のどの部分を描写していたのだろうかと
確かめるために再読したくなりました。
競馬場で声をかけて近づくという話は、どこかで読んだ記憶があって
そこに引っかかりを覚えてしまったのは残念でしたが、
あの結末なら、それも帳消しで満足です。

「我が母の教えたまいし歌」
父の死により、家族の秘密を知ることになった主人公。
これも、結末に驚きました。まったく予想していませんでした。
冒頭、母の臨終の場面から始まったのも納得。
ただ、家族の秘密をたどっていく場面で、
「父と母が姉を殺したのではないか」という推測をするシーンだけは、
リアリティがないように思えました。
いくら自分が知らなかった姉のことであり、姉と両親の関係に疑念があったとしても
自分の両親が殺人に関与しているなんてことを
何の証拠も無しに思ったりするのかな?と。
ミステリおたくならともかく、普通の大学生はそんな想像しないんじゃないでしょうか。
ま、それはともかく、家族の真実を知ってしまってから母の死までの間、
この主人公がどんな日々を送ったのか、知りたいと思いつつも、
想像するのは恐ろしいことです。


光と影の誘惑 (集英社文庫)
光と影の誘惑 (集英社文庫)貫井 徳郎

おすすめ平均
stars期待を込めて
starsあくまでも個人的な好みで星3つ
starsサプライズエンドだけが魅力じゃない
starsなるほどー。
stars地味な一冊だが・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


誘拐症候群
誘拐症候群貫井 徳郎

おすすめ平均
starsキャラクター
starsスリリングな展開♪
stars第1弾よりパワーアップ
stars匿名性
starsシリーズ第2弾もなかなか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  貫井徳郎 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『ジョゼと虎と魚たち』 | メイン | 『ドラマチックチルドレン』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/762-674b4114
-小説『光と影の誘惑』貫井徳郎-
 貫井徳郎氏の中編集。『悪党たちは千里を走る』の文庫版解説で本書収録の「二十四羽の目撃者」が紹介されていて、面白そうだったので読んでみることにしました。 光と影の誘惑貫井 徳郎 集英社 1998-08-26... …
2011/01/08 22:24  闘争と逃走の道程 ▲ top

| メイン |