FC2ブログ
『夜の蝉』
- 2007/11/01(Thu) -
北村薫 『夜の蝉』(創元推理文庫)、読了。

1年ぶりの北村作品、円紫さんシリーズです。

女子大生と人気落語家の探偵モノという明るさを期待しているのですが、
なんだか重ーい空気が漂っている作品でした。

「朧月の底」では、主人公の「私」がほのかに一目ぼれ。
でも、明るい一目ぼれとはちょっと違う雰囲気。
「私」がやたらと恋に対して思索的だからでしょうか?
結末は、「あれっ?これで終わり?」というものでした。
ミステリーとして読むと、幾分すっぽ抜けな感じがします。

「六月の花嫁」は、なかなかに趣向を凝らしたお話だったのですが、
「お嬢様と葛西さん」「江美ちゃんと吉村さん」という2組の間で
「私」が取り残されたという感覚を「私」と共有してしまったような
感じがして、なんだか物悲しいものが残りました。

「夜の蝉」では、姉妹の葛藤がベースとなっています。
「朧月の底」にてチョイ役で登場してきたお姉さまは、やはり伏線でした。
お姉さんの悲恋の話よりも、
姉妹の間で克服されてきた葛藤をめぐる話に興味が向き、
この姉妹にとっては決して軽くは無かっただろう葛藤の様子を知り、
これまた重い気持ちになってしまいました。

というわけで、3話通して、「私」と日常の影というようなものを
共有してしまったような次第です。
裏表紙にあるような「爽快感」とは程遠い読後感となってしまいました。

それでも、その分、読み応えはありました。
また、博識な「私」や円紫さんの口から出てくる文学の話は
どれも興味深い内容でした。
(円紫さんシリーズを読む最大の楽しみは、実は文学ネタかも)
有井諸九という俳人も見つけました。
関連本でも探してみようかしら。

夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)北村 薫

おすすめ平均
starsシリーズで一番好き
stars鮮やかに描かれる「私」の内面
stars心地よさを感じる作品
stars悪意を昇華する爽やかさ
stars何が素晴らしいかと言って、世界につじつまが合っていくのだ。それも実に優しく。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

江戸の女俳諧師「奥の細道」を行く 諸九尼の生涯 (角川ソフィア文庫)
江戸の女俳諧師「奥の細道」を行く  諸九尼の生涯 (角川ソフィア文庫)金森 敦子

角川学芸出版 2008-09-25
売り上げランキング : 213187

おすすめ平均 star
star歴史に埋もれていた女俳諧師の生きざまに驚嘆するばかり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  北村薫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『語り女たち』 | メイン | 『武装島田倉庫』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/721-b230f3cc
| メイン |