FC2ブログ
『武装島田倉庫』
- 2007/11/01(Thu) -
椎名誠 『武装島田倉庫』(新潮文庫)、読了。

ある方の書評Blogで紹介されていて、
『水域』のようなジャンルの作品らしいゾと思い、早速買ってきました。

カミツキウオ、ニンバオカボ、モロテガラミ・・・・
独創的な名前の生き物が、何の説明もなしに登場します。
でも、なんとなくその名前からイメージが湧いてきて
読み進めていくうちに、
これらの生物が存在しているんだということに何の疑問も抱かなくなります。
この強引さがサイコーです。

こんな突飛な生物たちがたむろする一方で、
登場人物たちの本名は「才蔵」「正宗」「定吉」「凍三郎」「捨三」と
まぁ、いつの時代の人たちなのかというセンスです(笑)。

物語は、連続短編集の体裁をとっていますが、
第一話から先に進むにつ入れて、時間を前後して繋がっていたりして
とても不思議な感覚になります。

島田倉庫は「開帆」後にどうなったのか、
続きが非常に気になるところであります。

椎名誠サンの」SF長編は、他にも何作品かあるようなので、
いずれブックオフで入手したいと思います。


武装島田倉庫 (新潮文庫)
武装島田倉庫 (新潮文庫)椎名 誠

新潮社 1993-11
売り上げランキング : 123622

おすすめ平均 star
star不思議世界の始まり
star無説明創作言語世界へ開帆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

水域
水域椎名 誠

おすすめ平均
stars水の国に引き込まれます
starsすばらしい!
stars椎名ファンから一言!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  椎名誠 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
<<『夜の蝉』 | メイン | 『天使の屍』>>
コメント
-はじめまして-
武装島田倉庫は大好きなSFです。
シーナ・ワールド独特の言葉と最終戦争後の荒廃した世界観がたまりません。
武装島田倉庫にも名前だけでてきた「ループ橋の人々」も同じ世界の物語です。
こちらも短編で面白いです。
2008/09/07 21:46  | URL | 日月 #ffVU29mw[ 編集] |  ▲ top

--
日月さま
CMありがとうございます。
椎名SFは、前提の説明なしにいきなり変な世界を目の前に広げられて、でも、全然違和感なく、その世界にハマってしまう・・・・・そんな強引さが魅力です。
「ループ橋の人々」もチェックしてみます。
2008/09/08 09:42  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/720-96ea8d9c
-『武装島田倉庫』-
武装島田倉庫 (新潮文庫)椎名 誠 新潮社 1993-11-30Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 アド・バード (集英社文庫) みるなの木 (ハヤカワ文庫JA) 砲艦銀鼠号 (集英社文庫) ひとつ目女 (文春文庫)... …
2013/06/02 02:07  雨読夜話 ▲ top

| メイン |