fc2ブログ
『トランプ自伝』
- 2024/02/18(Sun) -
ドナルド・トランプ 他 『トランプ自伝』(ちくま文庫)、読了。

たまたまブックオフで見つけて、「もしトラ」に備えて読んでみました(爆)。

ここ数日も、なんだか裁判の判決が出てトランプ氏が負けたとかニュースになってますが、
判決結果以上に、報道されること自体がトランプ氏の選挙戦にはプラスに働いているように
思うのですが、実際のアメリカでの空気はどんな感じなんでしょうかね?

さて、本作がアメリカで出版されたのは1987年であり、今から35年以上前。
トランプ氏は41歳の時ということで、大成功中のバリバリの不動産ディベロッパーであり、
大統領になる予感は全く感じさせませんし、そもそも政治家転身の雰囲気もありません。

しかし、本作で描写されているトランプ氏の仕事の日々を見ていると、
ニューヨークの大規模開発計画のためにニューヨーク市当局の開発許可を得たり、
家賃設定に関して、借主保護のために設定されている各種の法律について改正交渉をしたり
司法当局の長官と交渉をしたり、時には裁判をしたりと、正直、大統領時代にやっていたことと
ほとんど変わりがない印象です(苦笑)。

つまりは、都市開発というのは非常に政治的な側面を持った事業であるということと、
全ての人が賛成する都市開発というのは稀という皆無であり、
諸手を振って賛成する層もあれば、大反対する人々もいる事業だということです。

こういう、不動産ディベロッパーとして蓄積された経験が、米国大統領としても
良くも悪くも能力として発揮されていた訳であり、また、現在の裁判ラッシュに関しても、
トランプ氏にとっては、昔からやり慣れてきた日常の出来事なんでしょうね。

ビジネスマンとしての姿勢で感心したのは、情報をすべて自分に集めて自ら判断するという
情報処理能力および決断力の高さと、即断即決できる勇気とともに急ぐ必要がにないと判断すれば
何年でも保留して事態の変化を待つことができるという忍耐力、そして最終決断以外の仕事は
全て部下や外部委託際に任せて、進捗管理しかしないこと。ただし、その進捗管理は徹底しており
捗っていなかったり、考え方がおかしい人物は即座にクビにするという思い切りの良さ。
つまりは、損切りが非常にうまいんですよね。
任命した自分のメンツとかは一切考えず、ダメだと判断したその時に切る、より優秀な人材を
全力で探すという点に集中していることです。

ビジネスマンとしても、政治家としても、行動方針が明確に定まっている人は、
常に成果を求められるスタッフは大変ですが、何をすればよいのかが分かりやすいですし、
成果を出せば大きな報酬(金だけでなく経験とか名声とか)がもらえるので、
非常にやりがいのある職場だと思います。

そして、一緒にタッグを組むビジネスパートナーは、トランプ氏の真の目的さえ読み違えなければ
大きな利潤がもたらされるという点で、組み甲斐のあるパートナーであると思います。
普段から密なコミュニケーションを絶やさないことと、環境変化を敏感にキャッチするアンテナを
自分自身でしっかりと持っていくこと、そしてトランプ氏の決断スピードに負けない判断力と勇気が
必要ではありますが。

トランプ氏が大統領に返り咲いたらアメリカの政治が再び変革しそうという期待感というか、
他人事としての面白がり方をしていますが、一方で、やっぱり年齢が行き過ぎてると思うんですよね。
トランプ VS バイデン だなんて、アメリカの50代あたりの政治家はどうなってんねん!?という感じ。
それを思うと、岸田さんあたりの年齢の人が首相をやっている日本は、
高齢化社会といわれつつも、まだ頑張ってる方なのかな・・・・と思えてしまうこと自体が
なんだか非常に残念です。

とりあえず本作は、ドナルド・トランプ氏という人物のもののが考え方を知るには
良い本だと思いました。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  ドナルド・J・トランプ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『対中戦略』 | メイン | 『日本人と中国人』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7199-679b7355
| メイン |