fc2ブログ
『リーダーのための仕事論』
- 2024/02/06(Tue) -
丹羽宇一郎 『リーダーのための仕事論』(朝日新書)、読了。

ブックオフで新書をドカ買いしてきたときに、買ってきた本。
正直、著者の本は、あんまりよい感想を覚えたものがないのですが、
ドカ買いのストレス発散の勢いで買ってしまいました(苦笑)。

で、結局本作も、「仕事論」と言いつつ、そこまで体系だった話ではなく、
思いつくままに述べました・・・・という感じです。

昭和のストロングスタイルで仕事をやり、成果を上げてきた人ですので、
やはり仕事論としても「強さ」「ストレートさ」「濃度」みたいな要素が明確で、
いかに常識の壁や上司の保身の壁、部下の弱気の壁を突き破るか、みたいな
突破型の仕事論です。

それでビジネス界の歴史に残るような成果を出してきたのだから、
それはそれで一つの成功の型だと思います。
しかし、今の時代に、リーダー側に立つ者が、このストロングスタイルを真似するのは
なかなかにしんどいだろうなと思います。

当人に、ストロングスタイル的な性格があればマッチするかもしれませんし、
例えばベンチャー企業として立ち上げる時の創業者が、
「俺はストロングスタイルで行く!」と決意し、仲間や部下にも堂々と宣言してやっていくのであれば
そういうスタイルに共感する人やついていける人が集まってくると思うので
うまくいくこともあるように思います。

しかし、既存の企業で下からリーダーの立場に上がっていこうとする人たちにとっては、
もうちょっと調整型の要素も持ち込まないと、今のご時世、辛いんじゃないかなと思います。
もしくは、調整型の優秀な人材を参謀として抱えるかしないと。

まぁ、いつもの自慢本だと思って読めば、ビジネス成功譚としては面白かったです。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  丹羽宇一郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『熱波』 | メイン | 『安売りしない会社はどこで努力しているか?』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7193-1ee02630
| メイン |