fc2ブログ
『ジャーナリズム崩壊』
- 2024/02/01(Thu) -
上杉隆 『ジャーナリズム崩壊』(幻冬舎新書)、読了。

著者のヒット本である『官邸崩壊』にちょっと乗っかった感のあるタイトル(苦笑)。
まぁ、たぶん著者のせいではなく、編集者のせいだとは思いますが。

他の本で何度も繰り返し書いている通り、著者の主張の主軸は「記者クラブ」制度のおかしさ。
特定の新聞とテレビの記者で作った記者クラブが、政府や官庁、地方自治体の記者会見を仕切り、
その他のメディアを排除して情報を独占しようとする枠組みを制度化して確立してしまった
日本のメディアへの批判が、本作でもこれでもかと展開されています。

正直、「記者クラブのおかしさはもうわかったから・・・・・」と食傷気味になってしまうところもありますが、
一方で、ここまで真正面から批判しているのは、やっぱり著者ならではのところがあるので、
上杉氏が批判を口にしなくなったら、放置状態になっちゃうのかもね。

本作では、上杉氏がNYタイムズの東京支社の記者として働いていた時のエピソードを中心に、
NYタイムズやアメリカ式ジャーナリズムの世界から見て、日本のメディアがいかにおかしいかを
具体的な出来事を使いながら解説しているので、分かりやすかったです。

上杉隆氏の最近というと、NHK党の幹事長になったと思いきや、2年ほどで辞めたりしてて、
「いったい何やってんだか・・・・・・」と思って見てました。

幹事長になった時点で、「ジャーナリストが政治に首を突っ込むなんて・・・・・結局お前もナベツネかよ」
なーんて色眼鏡で見ちゃってました。しかも、NHK党だし・・・・・。
ところが、本作を読んだら、民主党の鳩山邦夫議員の元で秘書をやっていたということで、
政治とジャーナリズムの世界を行ったり来たりしてる、日本人の経歴としては特異な人なんだな・・・・と
ますます色眼鏡で見てしまいました(爆)。

しかし、本作を読んでいくと、そういう政治の世界にどっぷり漬かっていた経歴を
NYタイムズの編集長は、むしろ情報源と特殊なルートを持っている人物として評価しており、
あー、アメリカのメディアは、そういう部分を評価するのか・・・・と目からウロコでした。
確かに、アメリカなら、多数派ではないにしても、ジャーナリストの中に、
メディアと政治の世界を行き来する人は一定数居そうに思えます。
まぁ、私自身も、日本人的な潔癖症的思い込みの中にいたということでしょうか。

2024年の今時点のNHK党(というか、みんつく党?)のお家騒動とか見ちゃうと、
イロモノ泡沫政党という印象を持ってしまいますが、冷静に振り返ってみると、
著者が幹事長をしていた2019年~2021年あたりって、党勢拡大をしていた時期で、
ホリエモンとかメンタリストDaiGoとかが立花党首の戦略を積極的に評価していた時代で、
私自身、何かやってくれるかも・・・・と期待値を高くしていたのは確かです。

その後、支持者獲得の方法が、NHKワンイシューでの明確な主張の発信とトリッキーな選挙政策から、
政治とは無関係なセンセーショナルなネタを扱ったり支持者の意見で党の方針を決めたりという
大衆迎合的な路線に変化していったので、上杉氏の政治・政策的な視点が党の中心に
無くなっちゃったのかなぁ・・・・・と感じました。

このカオスな状況で、浜田議員とかは一人で国会質問とか頑張っている印象ですが、
浜田議員と上杉氏のタッグは、ちょっと見てみたかったかも。

とりあえず、みんつく党は、あの新党首と立花一派との内紛問題をなんとかしてほしいですわ。
本の感想とは全く関係ない感想で締めてしまってすみません(苦笑)。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  上杉隆 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『安売りしない会社はどこで努力しているか?』 | メイン | 『東京珍景録』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7191-a19f941b
-『ジャーナリズム崩壊』-
ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)上杉 隆 (著)幻冬舎 2008-07Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 世襲議員のからくり (文春新書) 宰相不在―崩壊する政治とメディアを読み解く 民主党政権は日本をどう変えるのか (家族で読める family book series 004) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説) 官邸崩壊... …
2024/02/05 05:49  雨読夜話 ▲ top

| メイン |