fc2ブログ
『東京珍景録』
- 2024/01/31(Wed) -
林望 『東京珍景録』(新潮文庫)、通読。

ブックオフで目に留まって、パラパラッとめくってみたら、東京の街並みの写真がたくさん
収録されているようだったので、タイトルもあって、「VOW」みたいなものかな?と
軽い気持ちで買ってきました。

読み始めたら、「序」の時点で、「想像力」「再構築」「情報を閑却」「ハレとケの二元論」
というような小難しい単語が並んでいて、うーん、「VOW」じゃない感(苦笑)。

ただ、本文に入って、実際に著者がどこをどんな気持ちで散歩して、
どんな景色に遭遇して、写真で切り取ったものに何を感じるのか、
そのエッセイは「へー、東京にこんな景色があるのか・・・・・」と、東京を再発見するようなものもあり
興味をそそったものもあれば、やっぱり本文でも小難しい解釈もあり、
学者先生は日常の散歩も頭使うんだな・・・・・みたいな感想で終わってしまいました。

一番興味を惹かれた写真は、水道塔。
掲載されている写真は、まるで日本の景色ではないような、東欧のような風情を感じます。

写真を見る感じ、結構、大きな構造物っぽいのですが、
写真が全部ヨリの構図のため、近隣環境とどんな感じで共存しているんだろう?という疑問は
残ったままです。
1個、幼稚園越しの水道塔の写真がありましたが、幼稚園というもの特徴的な空間なので、
もっと日常生活が展開されているような街並みと水道塔がどのように共存しているのかが
気になってしまいました。

もし、東京に住んでいたら、自転車に乗って見学に出かけてただろうな。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ジャーナリズム崩壊』 | メイン | 『吾輩も猫である』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7190-ba41c527
| メイン |