fc2ブログ
『亡命者』
- 2024/01/29(Mon) -
大沢在昌 『亡命者』(講談社)、読了。

実家にあった本。
ハードカバーの分厚い本だったので、長編だろうと思い込み、
読む気が湧いてくるまで積読にしていたのですが、いざ読み始めてみたら短編集でした。

とある六本木のバーで酒を飲みながら依頼人がやって来るのを待つ通称「ジョーカー」。
人探し、中身の分からぬ荷物の輸送など、様々な依頼をするためにバーを訪れる人々。
その手には着手金の100万円の札束が・・・・・。

ハードボイルドな雰囲気満点の設定で、しかも、最初の話が、この「ジョーカー」の役目を
前任のベテランから引き継いだばかりの主人公がまだ若かったころの昔話から始まります。

肩ひじ張って前任者のやり方を踏襲し、前任者に引けを取らない姿を見せようとしますが、
背伸びしすぎて失敗したときは、すぐに自分の過ちを自覚して反省する姿勢は好感が持てました。
つっぱね続けないところが、ハードボイルド風(←私の勝手なイメージ)でありながら
素人にも読みやすくなっている大沢作品らしいところかなと。

バーにやってきた高齢の依頼者から声を掛けられ、前任者から引き継ぎ直後に自分が担当した案件の
人物だと分かったところで、当時の話になっていきます。
そこから、「実はその事件の真相は、当時の主人公は気づいていなかったが、こういう裏側があって、
実は、その後もずっと主人公が別の案件だと認識していた事件が陰で繋がっていた・・・・・」
みたいな長編が展開されるのかと、第一話を読み終わった時点では思い込んでました(苦笑)。

第二話は、全く別の案件でした。

でも、全編通して、小品にまとまっていて、面白く読めました。
主人公とバーのマスターの関係も面白かったですし、バーのマスターが重要な役割を担う回もあり
あー、そういう人間性の人なんだなと、だから主人公とも長年うまくやってこれたんだなと、
納得しながら読めました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  大沢在昌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『吾輩も猫である』 | メイン | 『成功者3000人の言葉』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7188-522640bb
| メイン |