fc2ブログ
『「人望力」の条件』
- 2024/01/16(Tue) -
童門冬二 『「人望力」の条件』(講談社+α文庫)、読了。

歴史に名を残した武将たちのリーダーシップについて
主に「部下をうまく使うには、部下の能力を引き出すには、部下に暴走させないためには」というような
視点で、部下の扱い方を解説した本です。

よくある歴史小話本の、数ページずつトピックスを述べるだけをまとめたものと違って、
著者の本は、テーマに沿ってきちんと章立てて、その中で理解がきちんと進むように
構成も考えられているので、読みやすいし、内容が頭に残ります。

本作では、信長、秀吉、家康といった超有名武将ももちろん登場しますが、
蒲生氏郷や緒方洪庵、土井利勝、松平定信といった渋いところも取り上げられているので
重層的にリーダーシップというものが理解でき、勉強になりました。

また、例えば、吉田松陰と緒方洪庵の考え方、教え方を比較し、
どちらも幕末から明治維新にかけて優秀な人材を輩出したスクールですが、
どちらがより良いというようなジャッジをせずに、それぞれの考え方に応じた
優秀な人材が輩出されたことを解説し、多様性の尊さが伝わってきます。

社会進化論的考え方かもしれませんが、こういう時代の大転換期には、どういう人材が
活躍するか読めないところがあると思うので、異なる思想体系のもとで様々な人材が育てられる方が
日本という大きな社会が生き抜くためには重要なことだったんでしょうね。

登場する人物たちの時代が、概ね戦国時代~明治維新の間に限られていたので、
是非、前後に時代の幅を広げて読んでみたいなと感じました。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  童門冬二 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『さわかみ流図解長期投資学』 | メイン | 『日々是口実』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7180-67ff518b
-『「人望力」の条件 歴史人物に学ぶ「なぜ、人がついていくか」』-
「人望力」の条件 歴史人物に学ぶ「なぜ、人がついていくか」 (講談社+α文庫)童門 冬二 講談社 2002-07-18Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 男の器量 (知的生きかた文庫) 将の器・参謀の器―あなたはどちらの“才覚"を持っているか (青春文庫) 上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件 (PHP文庫) 全一冊 小説 上杉鷹山 (集英社文庫) 日本史は「線... …
2024/01/29 16:51  雨読夜話 ▲ top

| メイン |