fc2ブログ
『サイコパス』
- 2023/12/07(Thu) -
中野信子 『サイコパス』(文春新書)、読了。

「サイコパス」という言葉は、昔、ヒッチコックの『サイコ』を見たので、
偏執狂的で常識はずれな人・・・・ぐらいのイメージを長年持っていましたが、
岡田斗司夫氏のYoutubeチャンネルを見るようになってから、
「サイコパスの人生相談」コーナーが好きで、身近な存在になりました。

岡田氏自身が、自分自身がサイコパス気質であるという前提で人生相談にのっており、
サイコパスが人生相談に答えるメリットは、情緒的な要素とか、「常識」と言われる要素とかを排除して
目の前の相談にある事実のみから状況を把握分析し、客観的に効果のありそうな解決策を提示できる
というサイコパスの特徴を良い方に利用しようという目的なところが興味深いです。

この動画シリーズを見るようになって、サイコパスは「良くも悪くも極端な性格」
「社会に害を与える人もいるが、それよりも社会に良い影響を与える人の方が多そうだ」
という風に理解が変化しました。

そして、私自身も、岡田斗司夫氏ほどではないですが、他人の感情よりも
結果や効果、効率を重視して決断する傾向にあるので、ややサイコパス傾向あるのかなと。
「こういう割り切ったことを提案したら、相手は気分を害するだろうな」とか
「こんな身も蓋もない言い方したら嫌な顔されるだろうな」という想像はできる方なので、
そこに想像が至らない・・・というサイコパスの本質は私にはありませんが、
想像したうえで、「ちょっと気分を害しても、こっちの方がメリットあるよ」と思ったら
メリット重視の決断をしてしまうので、ややサイコパス的な面があるかなと。

そういう点で、自分の性格の評価ができるかな?と思って本作を読んでみましたが、
正直なところ、イマイチでした。
理由は、「サイコパス=社会に害悪を与える人」という枠組みの中で議論を展開しているように思え
岡田氏の講義に比べると、薄っぺらいというか、読者側の「非常識な人の心理を知りたい」というような
ゲスな期待に応えて本を売ろうとしているような印象を持ってしまいます。

本作でも、例えば、医者とか弁護士とか学者とか、感情に流されずに客観的に効果追求する必要性が
ある職業の人にサイコパス傾向の人が多いという話は出てきますが、そこから
「サイコパスの冷徹さは社会に役立つ面があるんですよ」という方向の話はほとんど膨らませないので
ちょっと印象操作気味じゃない?差別的な感じがしない?という風に思えてしまいます。

そうは言いつつ、負の方に振り切れている側面の心理学的調査や社会学的調査、遺伝学的調査には
やっぱりそれはそれで興味があるので、面白く読めた面もあるのですが。

負の面を強調しすぎる著作、そして断言が目に付く著作は、
こういうセンシティブなテーマを扱うには、ちょっと偏見を助長してしまいそうで、
学者さんなんだから、もうちょっと慎重な文章で綴ってほしかったなと思いました。






にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  中野信子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『BUTTER』 | メイン | 『原発・正力・CIA』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7155-c3c9e059
| メイン |