fc2ブログ
『数に強くなる』
- 2023/12/01(Fri) -
畑村洋太郎 『数に強くなる』(岩波新書)、読了。

失敗学の畑村先生による、「数」の捉え方の本。

私自身、小さいときから算数は好きで、学校の勉強でも得意でした。
新しく出てきた数学的概念についても、それほど理解に苦労した覚えがありません。
唯一、ベクトルは苦手でしたけど・・・・・。

そのおかげか、フェルミ推定的な思考法も得意な方だと思います。
大外れしない程度には推測できます。

一方で、子供の頃から数字に親しんできたので、「数に弱い」という人たちから
「どうやったら算数ができるようになるの?」と質問されても上手く答えられません。
大学生の時、アルバイトで個人指導の塾講師を短期間だけやってましたが、
算数に限らずどの教科も「できない」「わからない」という生徒に対して、
どうしたらできるようになるか、という指導が出来ず、すぐに辞めてしまいました。

自分自身、具体的な問題の解き方が思いつかずに「分からない」ということはありましたが
そもそも考え方の部分、例えば公式とか、定理とか自体が分からないということがなかったので、
分からない問題が出てきても、補助線をどう引けば良いかさえ教えてもらえたら
そこからは自分で解答に辿り着けることが多かったです。

しかし、公式自体が何言ってるか分からないとなると、教える術がないというか、
公式が分からないという状態が私には分からないという状態になり、お手上げでした。

例えば、本作内で、「17×18」を暗算するという話が出てきましたが、
「17×20-17×2」で暗算可能だと著者は書いています。
私も、同じような方法で暗算します。
17×18=17×(20-2)=17×20-17×2 ということなのですが、
たぶん、数に弱いという人は、学校で因数分解の公式は勉強しているはずですが、
それを暗算に適用するという考え方を持っていないのかなと思います。
そもそも因数分解が理解できないという人もいるかもしれませんが。

私自身は、算数・数学が好きだったので、今も日常生活で数字があると遊んでしまいます。
車の運転中に、前に居る車のナンバーを見て、「3で割り切れる」「7で割り切れる」とか考えたり
「4つの数字を四則演算して10にできるか」と考えたり。

最近思うのは、そういう風に数字で遊べる興味関心は、個性というか、遺伝というか、
先天的なモノなのではないかということ。
うちは祖父が数学大好きで、私自身、幼稚園から中学校までの期間、祖父に数学を
指導してもらってました。他の教科は独学で塾通いせず。
父も比較的数学は得意だったみたいだし、祖母や母は記録魔なので
家計簿から中元歳暮で誰から何をもらったとか旅行で誰にどの土産を買っていくらだったとか
ぜーんぶ記録して、後から参照できるようにしてます。
こういう家に生まれ育ったら、勉強は好きになるんじゃないかと思います。
逆に、そうではない環境に生まれ育つと、興味関心を持つきっかけって、得にくいよなーと。

本作を楽しんで読める人は、もともと数に強いというか、親しみを覚えている人が多いのではないかと。
もしくは自己評価が低くて「数に弱い」と思い込んでるけど世間平均からすると強い人だったり。
数に弱い人が興味関心をもてる内容なのか、そこは気になりますね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  畑村洋太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『妻に捧げた1778話』 | メイン | 『小倉昌男の福祉革命』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7150-f05e70ed
| メイン |