fc2ブログ
『小倉昌男の福祉革命』
- 2023/11/29(Wed) -
建野友保 『小倉昌男の福祉革命』(小学館文庫)、読了。

クロネコヤマト創業者による障害者の働く現場改革の本。

ブックオフでたまたま本作を見つけるまで、クロネコヤマトが財団まで作って
障害者支援事業をしているなんて知りませんでした。

そもそも障害者支援に取り組もうとしたきっかけについては明かされておらず、
小倉氏本人の談として「なんとなく、ハンディキャップを持っている人が気の毒だから、何とかしてあげたい」
という風に、特別なきっかけはなかったとされています。

しかし、お金を出すだけでなく、自ら全国の現場に足を運び、講演もして回り、
必要に応じて事業立ち上げの指導までする、ここまで熱意をもって取り組まれているからには
きっと具体的な、心動かされる出来事があったのではないかなと勘ぐってしまいます。
関係者の方への配慮で公言されていないだけで。

本作で一番印象に残ったのは、やはり、障害者と言えども労働をするのであれば
適切な労働対価を受けるべきだ、という考え方と、
そもそも消費者のニーズに合っていないものを「障害者が頑張って作ったから」という「付加価値」で
売っていこうとするやり方には限界があるだろうという冷静な目線です。

時々、地域のいろんな事業者さんが出店しているマルシェとかに行くと、
福祉団体さんとか、農福連携事業者さんとかが、クッキーを売ったり、野菜を売ったりしています。
そのとき、周囲の来場者への声掛けで、「美味しいクッキーですよ」「安心安全な野菜ですよ」と
謳うのは当たり前の商売活動であり、「どんなものを売ってるのかちょっと覗いてみようかな」と
立ち寄ることもありますが、反対に「障害者が作りました!」だけを連呼する団体さんも居て、
「少しでも自立できるように、もしくは働く喜びを感じるためにやっているはずなのに
障害者であることだけをプッシュするのは、逆に施しを受けたいとせがんでいるようだ」と
感じてしまいます。

本作では、特に、クロネコヤマト関係者が質実ともに支援しているパン屋の事業が紹介されていますが、
その「スワンベーカリー」は、障害者雇用の件を大々的に商品PRに活用しているわけではなく、
一般の消費者が「パンが美味しいから」「宅配してくれて便利だから」という理由で利用しているようです。
「障害者が働く店」としてではなく、「パン屋」として地域で認識されているわけで、
これが本来の商売のあるべき姿だと思います。

経営者側も、これだけ障害者を雇用すれば、これだけの支援が受けられるという思考ではなく、
これだけの従業員を雇うなら日商は少なくともこれだけ必要、というフツーの経営者目線で
物事を考えています。
たまたま雇っている従業員に障害者が多いというだけで、
このパン屋の経営者は、パン屋を経営している自覚のもとで活動しているんだろうなと思います。

そして、読み終わってからWikiで調べてみたら、
創業から25年経った今も、クロネコヤマト関係者が直接手掛けている直営店以外に、
全国に多くの店舗が広がっていて、何より、本作で紹介されている十条店や三原店が
今も存続しているということが素晴らしいと思います。

普通の新規創業のパン屋で、25年も続けられたら大成功だと思いますし、
25年も経てば店舗運営の中心人物たちは代替わりしていてもおかしくないので、
すでに、個人の思いではなく、組織として存続できる経営能力が備わっているのだと思います。

障害者雇用事業に関する小倉昌男氏の講演は、、障害者福祉に関わる仕事をしていない私でも、
自社の経営を見直すために、とても有意義な内容なのではないかと思い、聞いてみたいです。
ネット世界を調べたら、講演録とか動画とか出てくるかしら?




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  小倉昌男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『数に強くなる』 | メイン | 『がなり説法』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7149-e8ddf5e5
| メイン |