fc2ブログ
『たけしの面白科学者図鑑 ヘンな生き物がいっぱい!』
- 2023/11/23(Thu) -
ビートたけし 『たけしの面白科学者図鑑 ヘンな生き物がいっぱい!』(新潮文庫)、読了。

今は無き月刊誌『新潮45』の連載企画のようです。
生物学者10人とビートたけし氏の対談

前に、自然科学者10人との対談本を読んで面白かったのですが、
それの続編と言うか、生物学版な感じです。

テーマである科学のジャンルが狭まったとは言っても、
生物学そのものは幅広く、研究対象は、ゴリラやカラスなどの誰もが知っている生き物から、
ダイオウイカやユスリカなど珍獣系、さらにはシロアリやダニなどの害虫系と
大きなものから小さなものまで登場してきて、バラエティ豊かでした。

そんな中で、個人的に一番気になったのは、生物の縞模様を研究しているという近藤滋先生。
シマウマの縞は「チューリング波の理論」に従いパターンを表現した方程式により
その出現がシミュレーションできるというもの。
実際に、タテジマキンチャクダイで観察と理論の計算が合致することを証明してみせたとのこと。

ダイビングをやっていて不思議に感じるものの一つが、幼魚と成魚で全く違う模様に変化する魚が
一定数存在していることです。
子どものときはドット柄だったのに、途中から網目模様みたいなものが現れて、
大人になるときれいな縞模様になったり。
なんでそんなに変化するの?という疑問とともに、なんでどの個体もきれいに同じような変化を遂げるのだろう?
という疑問も持っていました。
近藤先生の証明は、この後半の部分を方程式でばっちり解き明かすものとなり、
あー、生物としてのプログラミングに従ってるだけなんだなと納得。
一方、近藤先生の理論では、前半の謎には全く答えられないというのも面白いです。

気象も、空を眺めていると無秩序に雲が変化していくように見えますが、
ちゃんと理論的に詰めたら、方程式で変化が表現できるというのと
同じような世界観なのかなと思いました。

そして、もう一つ印象に残ったのは、研究者の多くが、今の専門分野に子供の頃から特別関心が
あったわけではなく、大学や院での研究時代に、指導教官から指示されたテーマを扱って、
少しずつ興味を持ち始めたり、何かに気づいた瞬間にのめり込んだりという経過を経ていること。

虫の世界は子供の頃からの虫好きがそのまま昆虫学者になっているけど、それ以外の生物は
研究テーマとして降ってきたものにたまたま興味が湧いて、その後大きな成果を得られたという
ケースが多いようです。
なんだかちょっとサラリーマン的で親近感(笑)。

このシリーズ、また見つけたら読んでいきたいです。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  ビートたけし・北野武 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『逆説の日本史13 近世展開編』 | メイン | 『知性の顚覆』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7146-68316cf2
| メイン |