fc2ブログ
『新・堕落論』
- 2023/11/18(Sat) -
石原慎太郎 『新・堕落論』(新潮新書)、通読。

なんとなく買ってきたまま積読になっていた本。
なんとなく手に取ってみたのですが、イマイチ刺さってこなかったです。

石原氏は大学の先輩なので、特に都知事などの目立つ政治活動をされていた際は
普通の人よりも注目していたつもりですし、その行動力の高さやメッセージ性の強さは
有能な政治家だったと思っています。
その政策や発言の全てに賛同できたわけではないですが、やること言うことが明確なので
賛成も反対もしやすいというところが、政治家としては重要な資質だと思います。
世論に迎合して右行ったり左行ったりするフニャフニャな政治家よりも、
多少世論が割れるような対立構造が白日の元に晒されちゃったとしても、
建設的な議論が生まれるなら歓迎すべきかと。

そういう思いは私にはあるのですが、本作は、東日本大震災に際しての著者の「天罰」発言から
始まっており、さすがに大批判を浴びたので、本作でも被災者への配慮が足りなかった旨の
お詫びはしていますが、しかし、本意の部分は撤回していません。

これは、東京都民が、福島県などに原発施設を押しつけて、その生成した電力という果実を
東京都民が貪って、都会の人間だけが経済的に成長していく・・・・というような
都市部と地方部の格差なり負担の質量双方の不平等みたいな部分を考え直す必要がある
というような指摘であれば、十分、共感を得られたと思っています。

しかし、「津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある」なんて言っちゃうから、
津波を実際にその身に被った人が、何かわが身の誤りを是正しなければいけないんだ、
要は自業自得で被災した、みたいに聞こえちゃうところが下手だったかなとい思います。
しかも、震災からわずか数日の時点で発言しちゃってますからね。

3カ月とか半年とか経過して、現地が一定の落ち着きを見せ、被害状況も把握され、
被害が大きくなった原因に目星がつけられた段階で、
なおかつ、口頭での発言ではなく、どこかの言論誌に寄稿するなどの落ち着いた行動なら
もうちょっと穏やかに伝わったんじゃないかと思うんですけどね。
映像でそこだけ切り取って報道されちゃうと、炎上して当たり前な発言かと。
切り取りをするな!という声もありますが、切り取りされるようなスタイルでの発言は
リスク回避する意識をもとうよ・・・と思うところもあります。

というわけで、冒頭の文章の内容で、「うーん、こういう風に発言で炎上すること多かったよな」と
思ってしまえる政治家だったことを思い出してしまい、本文の方は若干流し読みに
なってしまいました。

基本的には、日本人としてこうあるべき、日本社会としてこうあるべき、という
著者の思いが熱い言葉で書かれていて、そうだなと共感する部分も多いのですが、
やっぱり、冒頭の影響で、こういう言い方するのを嫌う人も居そうだなと
思えてしまうところもあり、距離を置きつつの読書となりました。

政策とかではなく、日本人観みたいな思想の部分は、最後は個人の価値観だから
議論したって対立する思想を持つ相手を論破できることはないし、
議論したから思想が変わって同意できるというケースも少ないように思います。
相手の思想が自分とは違っても、尊重するという姿勢を皆が持つしかないかと思います。
その点で、ちょっと主張が熱すぎるな・・・・と、本作では引いてしまったところがありました。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  石原慎太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『給料戦争』 | メイン | 『不肖・宮嶋 撮ってくるぞと喧しく!』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7142-86dd2539
| メイン |