fc2ブログ
『「普天間」交渉秘録』
- 2023/10/17(Tue) -
守屋武昌 『「普天間」交渉秘録』(新潮文庫)、読了。

ブックオフでたまたま目に留まり、
「お!防衛官僚まで本を出す世の中になってるのか・・・・・」とびっくり。

しかも、米軍普天間基地の移設に関する交渉記録とのことで、
今ようやく移転先の辺野古の工事が進み始めている状況で、
とんでもなく難交渉だったことが分かります。

一方で、著者の名前を聞くと真っ先に思い出すのは「内田洋行」という会社の収賄事件であり、
著者は実刑判決を受けているため、著者の防衛官僚としての功績が記憶に残ってないのと、
正直なところ、「著者の書くままに信じるのは危ないかも」という不信感もありました。

それ以外にも、小池女帝と揉めてた印象もあり、それだと「著者はまともな官僚だったのかな?」とも
逆に思えてくるので(苦笑)、本作を通して著者の評価が見えてくるかも・・・・と期待しての読書でした。

基本的な構成は、著者が在任した4年間の防衛次官の役職において、
毎日つけていた業務日記から書き起こして、どんな問題に対して、誰が、何日何時にどんな手段で
著者に対してメッセージを発信してきたかという記録で、主に普天間基地移設交渉を語っていきます。

内容を単純化して要約すると、「沖縄の県知事と普天間基地がある名護市の市長、そして行政職員は
決めたことを簡単に反故にするし、地元には二枚舌を使い、メディアには嘘をばらまく、
とんでもない奴らだ!」ということです(爆)。
それを、「何月何日何時に沖縄県知事が誰々大臣に文句を言ってきたと当の大臣から電話が来た」とか
「何処どこでの会議で名護市の助役が打ち合わせで不遜な態度で暴言放言をまき散らし収拾つかず」とか
そういう記録で書き起こしていきます。

正直、沖縄の首長や、行政幹部職員、大臣や自民党幹部、総理、沖縄選出議員らの
個人名をすべてオープンにして、「こんなことを言ってきた、とんでもないことと呆れた」みたいな調子で
綴っていくので、退官し、しかも汚職事件で逮捕実刑という立場だから怖いものなしなのか?と
興味深く読みました。しかし、退官後の事情から恨み節がたっぷり詰まっている可能性もあるし、
そもそも沖縄との交渉における沖縄陣営への不信感が溢れ出ているので、
どれだけ内容を信用してよいのか微妙かも・・・・・という思いもありました。

まぁ、ここまで事細かに書いているのだから、虚偽の事項を書くとは思えませんが、
都合の悪いところには触れなかったり、良いように端折ったりしている可能性はありますからね。
そして、難産の交渉になったものについて、交渉当事者の一方的な振り返りなので、
どうしても視点の偏りは生まれてしまうでしょうし。

そういう懸念点を抜きにしても、沖縄陣営のこの交渉の仕方は、残念だなぁと言わざるを得ません。
米軍基地の負担を重点的に担わされているという立場もありますし、
戦後の日本復帰が遅れたことで経済的な発展の立ち遅れもあるでしょうし、
いろいろ理屈をこねて、補償の獲得なり、地元建設土木会社への仕事の引き込みなり、
損してきた分を取り返さなければという思いがあるのは理解できますが、
しかし、やっぱり、交渉のやり方が上手くないよなぁと思ってしまいます。

とにかく米軍基地関係には反対!反対!反対!で行くんだ!!!という方針なら、
この決定事項反故、二枚舌、偽情報の散布などは、効果的だと思います。
しかし、沖縄県の本当の経済発展、生活水準の向上、基地負担の緩和、安全の確保という
実質的な利益を得ようとするなら、このやり方は下手だよなぁ・・・・と思えてしまいます。
政府側にも弱みはあるんだから、そこをうまく突いて、実利と安全を引き出す具体的な交渉に
頭を使った方が良いのではないかと思います。

首長たちがこういう姿勢だと、政府だけでなく、民間大手企業も沖縄への不信感を覚えてしまうでしょうし、
もし「沖縄人というのは約束事を守れない人たちだ、交渉協議が成り立たない人たちだ」
という評価になってしまうのは、沖縄県全体の不利益になってしまうように思います。
今の日本人が、中国政府や韓国政府に対してどことなく不信感を抱いてしまうように。

もうちょっと本質的で建設的な議論ができる首長が出てこないと、沖縄の発展は遠くなってしまうのでは
ないかなぁと思えてしまいます。でも、選挙で選ばれた首長たちだから、結局は、
これが沖縄の民意ということなんですよねぇ・・・・・難しいですねぇ・・・・・・。

そして、著者が交渉相手として難儀してきた沖縄県知事ですが、
稲嶺惠一氏も仲井眞弘多氏も自民党推薦候補ということで、選挙後に、彼らが言うことを聞かなくなる
というのは、一体自民党はどんな候補者選定と選挙応援をしてきたのかなぁと、
その体制の脆さにガッカリしました。
もちろん、沖縄の地元の声もあるので、自民党の思うように動かせるわけではないというのは当たり前ですが、
しかし、決めたことを反故にするのは、政治家としては最低の態度というか、全く信頼されない行動なので
そこは政治家教育として自民党が擁立責任者として教育指導しないとダメなんじゃないの?と思います。

時々、自民党の政治家でも、野党の政治家でも、個人の意見を聞いていると凄く優秀そうなのに、
なんでその派閥に居るの?なんで自民党に近い政策観を持ってるのに立憲にいるの?と思ってしまう
政治家がいるのですが、彼らの言い分を聞いてみると、
「最初の選挙の時に候補者調整がうまくいかず自民党ではなく立憲から立候補した」とか、
「初当選時に今の派閥の領主に世話になったから」とか、理屈ではなく恩義を優先している人が
意外と少なくないことに驚きます。自分の政策の実現性よりも、義理人情の世界なんだなと。
それが日本にとって良いこととは思えませんが、政治の世界はそういう面もあるんだという思いがあったので
この沖縄の知事たちの裏切りぶりや駄々っ子ぶりは、ちょっと中央の政治家たちとは
違う職業なのかも・・・・と思えてしまいました。

その対比で、特に小泉純一郎総理の一度決断したら譲らない姿勢は、長期政権を築いただけある
腹の括れた政治家だったんだなと改めて感じ入りました。
当時は、ワンフレーズ政治というような単純化されかつ劇場化された政治状況に、
私は不信感を覚えていたのですが、本作を読んで感じたのは、「この政治問題の解決策はこれだ!」と
決めていて、一度決めたらブレないから、だからこそワンフレーズで政局を牛耳れたんだなと
思うようになりました。

あと、大臣の使い方、内閣スタッフの使い方、各省幹部官僚の使い方が上手いし、
「俺がそう言ったと言って構わない」と、小泉総理という印籠を使わせることを、
信用した部下たちには許したところも、人の使い方が上手いなと思いました。

今の小泉氏は、ちょっと原発問題への考え方が私には合わないので、関心が低くなっちゃってましたが、
一度、小泉純一郎総理について書いた本を読んでみたいなと思わせるものでした。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  小泉純一郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『極秘捜査』 | メイン | 『「方法論」より「目的論」』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7126-cdd0c03a
| メイン |