fc2ブログ
『ぐうたら好奇学』
- 2023/10/09(Mon) -
遠藤周作 『ぐうたら好奇学』(講談社文庫)、読了。

ちょっと重たい読書が続いたので、お気楽に狐狸庵先生。
軽くて短いエッセイです。

自分の家の話、よく飲みに出る渋谷の話、変な人好きの狐狸庵先生にはドストライクな占い師の話、
お手伝いさんの話、タクシー運転手の話、などなど。

とにかく狐狸庵先生の日常は、真面目に不真面目をするというか、
人にいたずらしたり、上手く丸め込んだり、ごまかしたり、
この人だから許されるような振る舞いも多々登場しますが、
顔が売れてて人脈の広い作家さんの特権ですね。
もし、自分の身近な人に同じことやられたら、イラっとするかも(苦笑)。

そして、渋谷という町を根城に夜な夜な飲み歩いてるのも
羨ましいなぁ・・・・・と。
まあ、当時の渋谷と今の渋谷は客層の年齢構成が変わっちゃってるかもしれませんが、
いずれにしても、「俺がいつも行く店は、だいたいココとココ、時々気が向いたらココ」という
特定の店があるのは、落ち着いて飲み遊ぶためにも、また日常の精神衛生上も
良いことのような気がします。

マンボウ先生とかの話はちょこっとしか出てこなかったですが、
また、その仲間のお話は別の作品で読みましょう。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  遠藤周作 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『言い寄る』 | メイン | 『独りきりの世界』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7121-eb71338d
| メイン |