fc2ブログ
『コロナ後の世界』
- 2023/08/23(Wed) -
ジャレド・ダイアモンド、ポール・クルーグマン、リンダ・グラットン、
 マックス・テグマーク、スティーブン・ピンカー、スコット・ギャロウェイ 『コロナ後の世界』(文春新書)、読了。

そろそろ日本でもコロナウイルスの扱いが雑になってきたので(苦笑)、
コロナ後の世界に突入したんだろうなと思い、このタイミングで読んでみました。

ただ、本作のインタビューは、もともとは2019年の段階で「世界と日本の行く末」というテーマで
行われたものであり、その後、2020年初頭からコロナ問題が中国から噴出して
一気に世界問題になったという経緯があり、コロナ後の世界について追加インタビューをして、
そちらがメインテーマになった模様。

なので、もともとの企画趣旨的にも、取材のタイミング的にも、
内容はあんまり練れていないところがあります。まぁ、コロナ問題が出て数か月の時点で
その後の先行きをある程度見通せていた人なんて、疫学の専門家はともかく、
他分野の専門家では無理な話でしょう。

それでも、2023年も後半に入った段階で本作を読んでしまうと、やっぱり各知識人の予想と
現実の流れの相違点ばかりが目に付いてしまって読みにくいですね(苦笑)。

目立つのは、トランプ大統領の初動の鈍さへの批判だったり、
ロックダウンという手法についてあまり批判的な論調がなかったり、
中国共産党の独裁社会で実行されるトップダウンの強硬策への興味と嫌悪だったり、
まぁ、ある種、分かりやすい反応です。

個人的には、コロナとは直接関係ないですが、グレタ・トゥーンベリさんへの言及を
何人かの知識人がしてて、まぁ、それは最初のインタビューの時期が例の国連での演説の
直後だったせいかもしれませんし、知識人側が積極的に言及したのか、
インタビュアーが誘導したからかも分かりませんけどね。
知識人でも、世の中の空気に流されることがあるんだな・・・・・と、変な親近感(爆)。

正直、「コロナ後」というテーマで社会を語るには、ちょっと拙速感が否めないタイミングの本だったので
新書ではなく、週刊誌とかYoutubeみたいな媒体で接した方が、緩やかな気持ちで読めたかも。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  ポール・クルーグマン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『無私の日本人』 | メイン | 『BCG流経営者はこう育てる』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7086-e5475ec3
| メイン |