fc2ブログ
『昭和16年夏の敗戦』
- 2023/08/21(Mon) -
猪瀬直樹 『昭和16年夏の敗戦』(中公文庫)、読了。

こちらも、戦争・憲法を考える夏・・・・・ということで挑戦。

太平洋戦争開戦直前の昭和16年春に新設された内閣総理大臣直轄の「総力戦研究所」。
当時、各省庁や軍隊、インフラ系の民間企業から、30代前半エース級が35名抜擢され、
研究生という位置づけで集められます。
当初は、座学や現場視察などを行っていたものの、夏になると、
「机上演習」として、「インドネシアの石油採取施設を奪いに行く」という課題を出され、
35名が内閣総理大臣、外務大臣、海軍大臣、日銀総裁、企画院総裁、朝鮮総督などの
主要ポストに任命され、いわゆるシャドー・キャビネット的な、しかし、閣外のポストもあるので
まさに総力戦として戦局をシミュレートしていく演習を行います。

その結果出た答えは「負ける」というもの。
海上輸送を確保できずに戦局が悪化し、日本の本土事態を危機に陥れるという予想は、
まさに現実世界で起きたことを予言しているかのようです。

シャドーキャビネットの面々は、それぞれの出身組織を反映するように決められており、
海軍大臣には海軍から来た少佐が、日銀総裁には日銀の書記が任命されている他、
各省庁からリアルなデータを取り寄せて演習に活用しているので、まさに現実世界の
知恵とデータを活用したシミュレーションに他なりません。

ここで敗戦の結論が出たものの、いざ、内閣総理大臣への報告の場となると、
素直に「負ける」とは言いづらいとの配慮が働き、
「(当初の戦局は)顕著なる効果を収めたるも未だ決定的ならず世界動乱の終局に関しては
何人も予測を許さざる実情なり」という曖昧な内容になっています。
しかし、細かな戦局予測はそのまま報告されたとのことで、きちんと聞いていれば
「勝てない」という予測であることは、容易に理解できたものと思われます。

報告当時は近衛内閣でしたが、陸軍大臣として東條英機も聞いており、
しかも、報告以前の演習の段階で、東條大臣は何度も研究所に足を運び
その議論の内容を聞きに来ていたとのこと。
それを知ると、なぜ開戦になったのか・・・・・と、疑問を持たざるを得ません。

本作では、この演習の議論の経過だけでなく、実際の内閣において、
日米開戦をどのように議論・判断してきたのかも丁寧に描かれていますが、
昭和天皇は開戦反対、近衛内閣も近衛首相はじめ主要閣僚は反対派の方が多く、
東條陸相も決して開戦推進派だったわけではない様子。
むしろ、近衛首相が匙を投げた後、昭和天皇の意向もあり、
陸相の東條に首相をやらせて、日米開戦を回避するよう軍部を抑え込もうという意図が
あったと述べられています。
そして、何よりも天皇陛下に忠誠を誓っていた東條は、天皇の意向である開戦回避を実現しようと
軍部の開戦突進の意見との折衷案を見出そうとするものの、土台無理な話で・・・・・・。

敗戦後の東京裁判において、東條英機は、「国務と統帥の二元化が日米開戦を回避できなかった原因」と
いう趣旨の主張をしており、本作に描かれた経緯を読むと、まあ、そういうことなのかなぁと
一応は納得できました。井沢史観を読んでいても、天皇制度と幕府制度が両立して以降、
責任回避なり、大義名分なり、都合よくこの二元制度を活用・悪用してきた日本社会の様子が
よくわかります。責任逃れでありつつ、しかし、この都合の良い制度のおかげで、日本社会というものが
曲がりなりにも断絶することなく、数千年続くことができた理由でもあるように感じます。

結局は、この日米開戦に向かうまでの無責任な意思決定プロセスこそが日本人らしさかもしれませんし、
敗戦後に国民全員が頑張って復興に努めたという姿も、日本人らしさなんだろうなと思いました。
国民性というものは、きっとなかなか変わらないと思うので、今の日本の政局のうだうだ感も
戦時中と同じことを繰り返しているんだろうなと思ってしまいます。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  猪瀬直樹 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『BCG流経営者はこう育てる』 | メイン | 『六十七番と呼ばれて 女性議員秘書の拘置所日記』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7084-d590bb8d
| メイン |