fc2ブログ
『不毛な憲法論議』
- 2023/08/18(Fri) -
東谷暁 『不毛な憲法論議』(朝日新書)、読了。

「不毛な」という煽りワードが気になって買ってきましたが、
せっかくだから8月15日から読み始めてみました。
興味深い内容でグイグイ読めたのですが、自宅周辺で台風7号の被害が予想外に大きく
片付けなどを行っていたら、アップが遅くなってしまいました。

著者は、そもそも日本の憲法学について、条文の解釈などを行うことが主流になっていることに
不満を示し、この憲法が成立した過程や背景、そして憲法改正に向けた議論の実際の中身に
日本人の憲法観や社会の価値観が反映されているとみて、そこを解説してくれています。

内田樹氏、岸田秀氏など、その著作を読んだことのある人の憲法論が詳しく紹介されており
今現在の言論人がどんな議論を行っているのかが紹介されているので業み深く読みました。
内田樹先生に関しては、前からBlogで述べさせてもらっていますが、
その事象に対する経緯や背景の把握、現状認識に関しては納得できるのに、
そこから引き出される結論がいつも私の考えとは異なるという(爆)。
憲法9条に関しても、同じくです。

他にも、憲法9条に関して持論を述べて、それが世間の反響を呼んだり、
特に若者の支持を集めたりしたケースを多数取り上げており、どういう憲法議論が行われてきたのか
何が議論のポイントだったのかを分かりやすく解説されているので、面白く読めました。

さらに、個人的に興味を持って読んだのは、東大法学部のいわゆる「8月革命説」。
保守系のYoutube番組とかを見ていると、批判的な文脈で語られることが多いですが、
その中身だとか発生してきた経緯については理解してなかったので、
しっかりと解説されていて勉強になりました。本作でも批判的な文脈でしたが(苦笑)。

私としては、9条をどうするか云々よりも、憲法改正のハードルが高すぎて
改憲の議論をすることすら批判されるような現在の状況はおかしいと感じているので、
その時々の価値観の変化や世界情勢の変化に応じて憲法についての議論をして
必要だと思ったら改憲手続きをする、まだ不要と思ったら議論して不要という結論を出す、
こういう普通の国になってほしいなと思っています。

そのため、本作で紹介されていた村田晃嗣氏の「押しつけ論で改憲への道を開こうとするのは間違い」
という主張には共感できました。
押し付けられたか否かよりも、現状に不適合か否かで議論すべきではないかと。
著者は、この主張には否定的なようでしたが。

あと、本作を通して不満だったのは、政治の場での議論の様子が乏しいこと。
数名の政治家の発言については紹介されていますが、
例えば自民党総裁としての発言だったり、野党党首としての発言だったり、党としての主張だったり
そういうところがあまり熱意をもって伝わってきませんでした。
著者の意図による割愛かもしれませんが、正直、政界であまりまともな議論ができてないんだろうなと
思わずにはいられません。

著者による、政治の場での憲法議論に絞った形で解説した本を読んでみたいと思いました。
その稚拙さや量の乏しさについても批判してほしいものです。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  内田樹 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『経営に終わりはない』 | メイン | 『涙の声が聞こえる』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7081-45a8627d
| メイン |