fc2ブログ
『僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版』
- 2023/07/31(Mon) -
瀧本哲史 『僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版』(講談社文庫)、読了。

出版時に新聞だか雑誌だかの書評欄で見たんだっけかな。
読みたい本リストに入れていたのですが、
とりあえず「エッセンシャル版」を100円で見つけたので買ってみました。

著者は、コンサル会社勤務後にエンジェル投資家として活動し、
今は京大で起業について教えることもしているそうです。

そのプロフィールから、結構とがった内容の本なのかな?と期待したのですが、
意外とオーソドックスな内容で、納得感は高かったですが、
それほど目新しさも感じないものでした。
出版から12年も経ってるから、それこそ内容がコモディティ化してしまったのでしょうかね。

著者は、20歳前後のこれから社会に出る若者に向けて書いたようですが、
そういう一部の意識高い系の若者に加えて、実際に社会に出て苦労している30歳前後の層には
とても刺さる内容だと思います。やっぱり経験からくる実感が深いと思うので。

しかも、彼らはいわゆるロスジェネ世代であり、社会が厳しくなっていく現状を最も痛感している
世代だと思います。自分もそうですけど。

その点では、出版時のタイミングに、サラリーマンやっていたときに読むべきでした。
脱サラして独立開業ちゃうと、ちょっと他人事的に読んでしまうかもしれません。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  瀧本哲史 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『誰のために愛するか』 | メイン | 『堤清二 罪と業』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7069-7dc4b460
| メイン |