fc2ブログ
『パンドラ・アイランド』
- 2023/06/25(Sun) -
大沢在昌 『パンドラ・アイランド』(徳間書店)、読了。

最近、友人と小笠原諸島の話になり、
私は今まで5回行ったことがあるので、「また行きたいな~」と懐かしさに浸っていたら、
そういえば南国の離島が舞台の作品が積読だったはず・・・・・と思い出し、
本の山の中から出してきました。

舞台は、小笠原諸島の母島からさらに定期船で1時間半という場所にある
架空の「青國島」が舞台です。
人口が900人ほどのため、駐在員を置くほどでもないとの判断で、最寄りの警察官は
小笠原側にしかおらず、それでは支障があると考えた青國島村役場が
村職員として「保安官」を置いています。
前任の保安官が急病で亡くなったため、その後任の募集に手を挙げた主人公。

警視庁の捜査一課に在籍していたエリート刑事であるにもかかわらず、
捜査中の事故がきっかけで警察官の仕事に疑問を抱くようになり、
警察官を辞めて、都会から逃れるかのように青國島にやってきます。

ストーリーの本筋は、この平和な島で発生した殺人事件の犯人探しなのですが、
それよりも、舞台装置の巧みさが、小笠原に行ったことがある人間なら
「そうそう、そんな雰囲気あるよね!」と納得できる構成で、面白かったです。

米軍占領期以前から島に住んでいた旧島民、返還後に島にやってきた新島民、
さらに観光地化してからやってきた新新島民の、表面的には仲良くやってるけど
腹の中では不満が渦巻き、ちょっとしたことで不信感が表面化する複雑な人間関係。
さらに、島民の中で発言権のある人間が村役場の上のポジションを占めるので
ますます権力が偏在していく構造と、その下に仕える事なかれ主義の職員たち。
米軍占領期以降も島に残ったアメリカ人、米軍の影響が歴史的にも文化的にも残る島の気質。

何もかもが、「そうそう、そんな感じ!」と納得できて面白かったです。
父島がそういう事件の起こるような不穏な島だという意味ではなく、
何か大きな事件が起きたら、平和な雰囲気がガラッと変わりそうな土壌がありそうだなという意味で。

大作だったので、読み通すのに5日間ほどかかりましたが、
凄く満足度の高い5日間でした。久々に読書に浸った感覚です。
なのに、この投稿を書くのにAmazonを見に行ったら、評価が低い(悲)。
どうやら固定ファンの方からすると、大沢作品的要素が薄かった模様。
私は、特に大沢ファンというわけではないので、その視点では評価不能です。
あとは、作品のリアリティのところでマイナスにされてるのかな?という感じ。

正直、私も、父島に行ったことがなければ、この世界観は嘘っぽいと感じたかと思います。
でも、行ってみると、島に移住した友人はやっぱりいろんなところに気を遣ってる感じだし、
宿のオーナーさんがアメリカ出身だったり、土産物店の話を聞いても
「あそこは前からある店」「あそこは最近移ってきた人の店」みたいな表現をされるし、
そういう複雑な人間関係はひしひしと感じました。

物語の後半で出てくる濃霧に関しても、父島では体験がないですが、
八丈島では濃霧のため終日飛行機が空港に下りられず
帰る日を1日後ろにずらさねばならないことがあり、
島の濃霧ってとんでもなく濃霧なんだと実感しました。
だから、この展開も違和感なく受け入れられました。

唯一リアリティがないと感じたのは、さすがに終盤で人が死に過ぎだと思いますが、
まぁ、ハードボイルド作品とはこんなものなんだろうと、そこは割り切って読めました。

これまで6冊大沢作品を読んでいますが、
「ハードボイルドは苦手だなぁ・・・・」と思いつつ、読後の感想は「面白かった!」というものばかりなので
大沢作品だけはしっかり追っていこうかなと思います。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  大沢在昌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『恐怖の金曜日』 | メイン | 『スイングアウト・ブラザーズ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7041-2b50cf22
| メイン |