fc2ブログ
『晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ』
- 2023/06/21(Wed) -
大崎梢 『晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ』(創元推理文庫)、読了。

シリーズ第2弾。
番外編の長編という位置づけだったので、先に第3弾を読んでました

成風堂書店に以前勤めていた先輩女性社員が
現在勤める長野県の老舗書店で、幽霊が出るとの騒動があり、
夏休みがてらその解決に向かう主人公たち。
幽霊は、現地で27年前に殺害された有名作家ではないかとの噂が立ち・・・・。

老舗書店側の経営者一族はみなさん良い人な感じですが、
殺害された作家の周辺にいた書生やお手伝いさんたちは曲者ぞろいで
幽霊騒動という軽めのノリから、次第に重たい空気が占めていくことに。

主人公たちが作家の周辺人物たちに聞き込みに当たるのですが、
蕎麦屋の女将さんに収まっている元お手伝いさんに話を聞きに行くのに、
営業日の昼前11時過ぎに店に行き、ランチ客が来ているのに話を続け蕎麦屋の主人に嫌な顔をさせ
さらにはランチを食べずに店を出てくるって、広い意味で同じサービス業に従事しているのに
配慮なさすぎじゃない!?と、本筋と関係ないところが気になっちゃいました。

コトの真相は、動機の面でも、トリックの面でも、ちょっと強引かなと。
老作家と書生たちというシステムがどんな感じなのかを知るには面白かったですが
結局、歪んだ仕組みだよなー、と思ってしまいました。

本屋側のお仕事小説的な要素は薄かったので、
これはやっぱり、短編の方が楽しめるかな。




にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL |  大崎梢 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『スイングアウト・ブラザーズ』 | メイン | 『にっぽん怪盗伝』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7039-b0497fe4
| メイン |