fc2ブログ
『なんでこうなるの 我が老後』
- 2023/06/12(Mon) -
佐藤愛子 『なんでこうなるの 我が老後』(文春文庫)、読了。

佐藤愛子女史のエッセイシリーズ第2弾。

相変わらず、自ら騒動を呼び寄せるような行動をとってしまい、
中山あい子女史から呆れられるという展開が続きます。

住み慣れた家の風呂場で転倒し、しかも実母が住んでいた部屋になぜか姉の息子が住みつき
立ち退きするしないで大揉めしたという経緯もあり、「いっそのことこの家をぶっ潰してやる!」と
70歳を過ぎて家の建て替えを、ローンも組まずにやってしまおうと決意します。

あと何年住めるのか、しかも慣れない家で済みにくくなる可能性あり、
そして揉めている甥の部屋は裁判所ですでに借地権が認められちゃってるので
古い家のまま残さなければいけないという、「なんでそんなにリスクを背負い込むの?」という展開。

立替中に一時引っ越したマンションには、知らない中年女が電話をかけてきて
「私を秘書に雇ってください」と押しかけてくる展開。
もう、明らかに電話での最初の2~3の会話のやり取りの段階で、頭のおかしい人物だと見抜けるのに、
なぜか怒りながらも長電話をしたうえ、秘書の面接までやってあげて、しかも新居への引越しの
手伝いに来ることを了承してしまうという謎展開。
そりゃ、中山あい子氏も、匙を投げますわな。

変な人って、この人なら相手をしてもらえそうだ、と見抜く能力が高いんですかね。
まぁ、でも、著者のエッセイを読んでたら、変な人を呼び寄せる人だとわかるから
安心して寄ってくるのかなぁ(苦笑)。

有名作家さんで私自身の人生とは交差しない人だから、
あはは、と笑っていられますけど、自分の母親だったり、仕事の関係者だったりしたら
「いい加減にしなさい!」って怒ってしまいそう。

でも、「こいつは変な奴だぞ」と認識しても、ずるずると会話を続けてしまうから
著者は変な騒動に巻き込まれていくわけで、「変だぞ」と気づいたところで
きちんと切り捨てることが出来たら、リスク管理は十分なのかなとも思えたり。
変な人に近寄られないように気を付けないと・・・・・と思いを新たにする読書でした。

あと、やっぱり、著者の娘さんは、思い付きで動物を買ってくるから
苦手だわ・・・・・・。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  佐藤愛子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『セイバーメトリクスの落とし穴』 | メイン | 『忠臣蔵とは何か?』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/7032-870d7c4c
| メイン |