fc2ブログ
『全員で稼ぐ組織』
- 2023/04/21(Fri) -
森田直行 『全員で稼ぐ組織』(日経BP社)、読了。

京セラの稲森和夫氏が説く「アメーバ経営」について、
稲森氏の下で現場に新装させる陣頭指揮を執ってきた著者による本。

サブタイトルに「JALを再建させたアメーバ経営の教科書」とあったので、
JALにおける具体的な導入プロセスが解説されているのかなと期待したのですが、
そこは抽象的な描写で終わってしまってて看板倒れです。
アメーバ経営の本質についてはよく説明されていますが、
じゃあJALでどうやって導入していったの?というところはフワフワしてました。

むしろ、中盤で紹介されていた、著者が京セラのグループ会社として
アメーバ経営の普及と導入に取り組んでいる会社の活動事例の方が
具体的な内容になっていて理解しやすかったです。

アメーバ経営の核となっている原価計算については、
自分もサラリーマン時代にプロジェクトチームの一員として取り組んだことがあるのですが、
原価計算まではできても、その後の、部門別採算制度のところが、結構、現場の拒否反応が
強かったんですよねー。

プロフィットセンターとコストセンターという従来の原価計算の仕方だと
コストセンターとされた側の従業員の士気が下がるから、
そこに収益相当の働きを評価しようとするのですが、
じゃあ、この作業1件がいくらになるのかという価格を決めようとすると
明確な値付けの理由がない業務とかは恣意的になっちゃうんですよねー。

厳しめの価格設定をすると、現場から「会社はこの業務をこんな低く評価するのか!」、
高めの価格設定をすると、現場は「結局、原価計算って、適当なんだな~」を気を抜く。
1年間、取締役会で部門別損益の報告をしてましたが、
現場も担当役員さえも不満気で、1年で止めちゃいました。
というか、経営企画部と経理部は引き続き数字を追っていましたが、
取締役会での報告も、各部門へのデータ還元も中止されました。
これじゃぁ、原価計算した成果は半減以下ですよね。

というわけで、個人的には、原価計算から部門別損益に飛躍させるプロセスが知りたいのですが、
それは、ブックオフで100円で古本を買っても知ることが出来なくて、
著者の会社に大金を払わないといけないんでしょうね。




にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL |  稲盛和夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『深夜特急4』 | メイン | 『陰謀史観』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6989-0399ecfa
| メイン |