fc2ブログ
『竹光始末』
- 2023/04/08(Sat) -
藤沢周平 『竹光始末』(新潮文庫)、読了。

安定の面白さ。

戦国の世が終わり、安定した徳川の治世になると、
各藩の武士たちも武芸より行政官僚としての才能を重要視されるようになり、
そうなると、家庭における旦那の立場も、物理的な「力」を盾にした亭主関白は成り立たなくなり、
頭の回る妻がいては男女平等となり口の回る方が優位に立つということで
かかあ天下の家庭も出てきます。

まさに現代のサラリーマン家庭に通じるところがあり、
世のおじ様たちは身につまされながら読むのか、共感しながら読むのか、
どちらなんでしょうね。

独身で好き勝手にふらふら生きている私からすると(苦笑)、
結婚すると大変だなぁ・・・・・という感想が募ります。
守るものができるというのは、立てなければいけない相手が身近にできるので
何かトラブルが起きたときに丸く収めるのが難しくなりますわねぇ。

「恐妻の剣」では、この平和な世の中において
自らの武芸を藩のために役立てる数少ない機会に抜擢された主人公が、
結局、妻子には理解されないという悲しみ。
その悲しみも含めての、家庭の安泰第一なんですかね。

「遠方より来る」も、かつての戦場で瞬間的に関りがあった男が
浪人となり、職を求めて、主人公の家に転がり込んでくるという話で、
妻からの「この男を家に泊めて食事も出してやる義理があるのか?」という
非情に現実的な声と、武士としてのメンツとの板挟みにあう主人公がなんとも哀れ。
まぁ、私としては、妻の言い分に理があるように思ってしまいますが(苦笑)。
最後、この我儘な浪人にも武士の心が残っていたということがわかり
ちょっとすっきりしますが、しかし夫婦にとっては災難でした。

こんな夫婦間の揉め事がある一方で、「乱心」では、
武士の心の奥底に潜んだ狂気が突如表に噴出する様と、
その危険性を感じて武士の同僚に相談に来るものの本心が見えにくい妻の姿の双方に
狂気を感じました。正直、何考えているのか分からない人というのは怖いですよね。

結局、武士の社会も、サラリーマンの社会も、悩みや苦しみは変わらないものですね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  藤沢周平 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ナニワ・モンスター』 | メイン | 『13歳からの反社会学』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6979-53e109c7
| メイン |