fc2ブログ
『悪女の美食術』
- 2023/03/31(Fri) -
福田和也 『悪女の美食術』(講談社文庫)、読了。

タイトルは「悪女の~」となっていますが、実質は「和也の美食術」です。

前半で、女性(OLさんたち)がグループでワイワイとランチに行くことをディスっているので
まぁ、そこからタイトルに「女」がやってきたのかもしれませんが、
その議論をそこまで深めているわけでもないので、なんだか変な感じでした。

いわゆる昭和なグルメのノリを満喫できる本だと思います。
世の中のことに興味を持つようになった時には、すでにバブル崩壊が始まっていた私としては
物語の世界の話って感じなぐらい、遠い時代の話に思えます。

ただ、著者も白洲正子さんに触れていますが、
そういう人たちに象徴されるような時代の洗練さというものを
著者は追いかけているんだろうなと思います。

今どきの、点数化や映えが重視されるグルメとは一線を画す、
ルールやしきたり、空気に重きを置く価値観だと思います。
博物館に見学に行ったような気分で読んでました。

ところで、少し前に、ラーメン屋の店主が「ラーメン食べるときにスマホ(特に動画サイト)を見ないでほしい」
とツイートして話題に(半分炎上?)なっていましたが、その報道に触れたとき、
活字中毒の私としては、「やっぱり本読みながら料理食べられるのは料理人として嫌なんだろうな」と反省。
でも、何もせず、ただ食べるだけという行為は、私にはそれこそ味気なく感じられてしまって
たぶんダメだと思います。
「スマホ見るな」「本読むな」という考えのお店は、入り口にデカデカと書いておいてほしいです。
避けるようにしますので。

そう思っていたところにこの本を読んだら、なんと著者はフレンチの高尚な店に1人で行き、
料理と料理の間のサーブの待ち時間には本を読んでいるとのこと。
高級フレンチに一人で行くのか・・・・・と、まずそこから驚いたのですが、
本を読んでてもマナー違反じゃないんだなと、そこにもビックリ。
実際、本式のフランス料理のマナーとしてはどうなのかは分かりませんが、
少なくとも著者は許されているということですよね。
日本だと、高級フレンチに対して思い入れがあるというか、思い込みがあるというか
「かくあるべし!」みたいなものを確立しているお客さんが多そうなので、
周囲の人は眉をひそめてそうな気もしますが、まぁ、それは、そういう世界に足を踏み入れたことのない
私の偏見というか、思い込みかもしれないですね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  福田和也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『戦略課長』 | メイン | 『ほんとうの味方のつくりかた』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6972-83cfdb26
| メイン |