FC2ブログ
『第一阿房列車』
- 2007/09/30(Sun) -
内田百 『第一阿房列車』(新潮文庫)、読了。

以前、神田の古本屋で見つけた三笠書房の『阿房列車』は
三千円近い値が付いていて、手が出せませんでした。

ところが、新潮文庫で出ているのをブックオフで発見!
100円で読めることに感謝!!

紀行文の名作とされているようですが、
私には、なによりもヒマラヤ山系くんとの会話が面白くてたまりません。
ボケにボケを重ねるくせに広がらない会話・・・。
しかもそのやりとりを還暦のお爺ちゃんと、若い国鉄マンがやっているのですから、
何とも言えない味わいがあります。

そして、紀行文とされながらも、百先生、相当な毒舌。
観光は行き渋るわ、温泉は好きじゃないわ、宿の朝食は食べないわ、
食べたら食べたで8割がたは「まずい」のひと言。
褒めることがほとんどないのに、旅はなんだか楽しそうです。

「無用の旅」ができるほど、
どーんとした心構えの人間になりたいですが、
まだまだその境地には至れなさそうです。


第一阿房列車 (新潮文庫)
第一阿房列車 (新潮文庫)内田 百けん

おすすめ平均
stars国鉄1950年代
stars近代紀行文学の代表作?!
stars列車に乗る心
starsなぜか眠くなる本。
stars重厚且つ軽妙

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  内田百 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<一橋フォーラム21 | メイン | 『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/695-4649538c
-書評:『阿房列車』-
内田百間集成 1 阿房列車  阿房宮は、秦の始皇帝が渭水の南に築いた宮殿である。それが、宮の一字がとれたとたんに阿呆になる。  阿房列車は、すなわち阿呆列車である。  なんの用事もないのに、汽笛一声、揺られ揺られて列島のあちこちへ出かけ、車中でも宿でもし... …
2010/04/12 08:54  語られる言葉の河へ ▲ top

| メイン |