fc2ブログ
『スケルトン・キー』
- 2023/01/01(Sun) -
道尾秀介 『スケルトン・キー』(角川文庫)、読了。

年内に読み終えようと手に取ったのですが、
予定通りにいかず越年・・・・・。
新年一発目がサイコパスの残虐グロ作品となってしまいました(苦笑)。

2歳半で児童保護施設にもらわれ、そこで18歳になるまで育った主人公。
里親希望の人間も現れず、一人で自活してくことに。
子どもの頃から恐怖心などを感じることがなく、
目の前に生じた問題を、時には直截的に、時には暴力的に解決し、
園の子供たちだけでなく職員からも少し距離を取られていたものの
本人にはその税室を解決する術がなく、受け入れながら仕事をしていきます。

この主人公に、園の時代に仲の良かった少年が久々に連絡をしてきて、
会ってみると、「お前の母親を散弾銃で撃ち殺してお前を孤児にしたのは俺の親父だ」と。
「おいおい、こんなこと本人に平気で伝えるのかよ・・・・」と思ってしまいましたが、
この少年は、知能的に標準をかなり下回っているような描き方がされており、
「これは、ケーキの切れない少年ってやつか・・・・・」と納得。

そこから急展開して、この少年の父親が惨殺され、
さらには園で一緒に過ごして里親にもらわれていった少女が自宅で惨殺され、
主人公の周辺で、人間の所業とは思えないような酷い殺人事件が短期間に
連続して発生します。

その事件描写の中で、ところどころ、「ん?!」と引っかかる部分があったのですが、
その真相が中盤あたりで明かされ、なるほどねー、そういうことかー、と
サイコパスが、いったい何人登場してくるんだよ!って感じですが、
まぁ、道尾作品だからサイコパス推しなのは仕方なし。

サイコパスが、自身のサイコパス加減の由来、つまりは遺伝と外因という2点ですが
その2つに悩まされ、しかし恐怖は覚えずに、可能な方法で対処しようとする
その姿を見て、やっぱりサイコパスは問題解決能力という点で最優秀な人材だよなーと
思ってしまいました。

私が、小説に登場するサイコパスな人々を毛嫌いすることが少なく、
むしろ共感を覚えがちなのは、その自分自身で道を切り拓いていける能力に
憧れている部分があるからだと思います。

まぁ、本作のように、人を殺すことで解決しようとは思いませんが。

一番、作中での変貌ぶりというか、本質の隠蔽ぶりに驚かされたのが、
仲良しだった少年(主人公の母親を殺した男の息子)です。

ケーキの切れない少年のように描かれながら、しかし、どうやったら自分が生きていくのに
最も利益があるかという観点で、人を選んでしっかりくっついていき、うまい汁を吸います。
その本来の目的を一切周囲に感づかせることなく、ちょっとおバカな子供を演じきっている
その能力に感嘆しました。
こんな人、周りにいたら怖いですけど。

新年早々、グロい読書となりましたが、
やっぱり小説って面白いよなー、と実感させてくれる作品でした。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  道尾秀介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『トップリーグ』 | メイン | 謹賀新年>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6900-d6ff1f16
| メイン |