fc2ブログ
『一橋ビジネスレビュー2021冬』
- 2022/12/31(Sat) -
『一橋ビジネスレビュー2021冬』、通読。

何度か読もうと手に取り、数ページ読んだところで放置・・・・・ということが続いてしまい
大晦日に「今読まないともう読めないかも!」とざっと流し読み。

特集の「スタートアップ」は、特に、日本であまりスタートアップが盛り上がらないという状況に、
現状分析、日米欧比較、日本での成功事例の解説、政府の政策評価など。

ものすごく感覚的な感想になっちゃいますけど、日本って、ハングリー精神が
持ちにくい社会なのかなと思いました。
そもそも生活水準が一定レベルまで上がってしまって、「他人と違うことをしないと食べていけない!」
みたいな危機感を持たずに済みますし、外国人もコンビニバイトや工場労働には増えているとは言え
では、自分の仕事を奪われるというような恐怖をリアルに描いている人はまだ少ないのではないかと
思います。

本誌の中で、「ソニーもパナソニックも元はベンチャーだった」というような文章が出てきましたが、
戦後、日本社会の生活が戦争でボロボロに疲弊し、外国に政治的または経済的に
支配されてしまうかも・・・・・というようなリアルな不安の中にあって
優秀で野心のある人は起業してどんどん組織を成長させていくモチベーションがあったと思います。
今の日本で、そこまで切実な感覚でビジネスをしている人なんて、
ほんの一握りなんじゃないかと思います。私自身を含めて。

ちょっと日本の行く末と、そこで私自身が果たせる責務に対して、
あんまり明るい気持ちになれない特集でした。
大晦日にふさわしくない(苦笑)。
明日からは、気分一新、チャレンジ精神でいかないといけないですね。

インタビュー記事で登場した、Beyond Next Venturesの伊藤毅氏や
Mistletoeの孫泰蔵氏の言葉は、とても彼らには志の高さは及びませんが、
でも、発破をかけてもらえる内容でした。
そして、今、自分自身が何に力を注ぎ、将来をどういう風にしていきたいのかという志は、
子どもの頃の体験や家族からの教育内容など、そういう自分の過去が土台になっているんだなと
改めて確認できる内容でした。

連載では、スーパーホテルの話が興味深かったです。
いろんなところで目にするのですが、実は、一度も宿泊したことがありません。
「ちょっと田舎っぽい土地に屹立している格安ビジネスホテル」という認識だったのですが、
クレド的な言葉を持っていて、それを徹底する組織運営をしている等、
知らないことが多かったので、認識を改めました。
そして、自分たちの取った過去の戦略に間違いがあり業績が傾いたときに、
それを過ちと認めて、きちんと改善を行い、しかも、こういう取材で赤裸々に語れるというのは
良い組織だと思います。常に改善最優先の組織なんだろうなと。
全国旅行支援が年明けから再開されるようですし、一度、泊まってみよ。




にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<謹賀新年 | メイン | 『アメリカは今日もステロイドを打つ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6898-291ba78b
| メイン |