FC2ブログ
『プリンシプルのない日本』
- 2007/09/23(Sun) -
白洲次郎 『プリンシプルのない日本』(新潮文庫)、読了。

以前、明石家さんまさんが白洲次郎をテーマにした特番をやったことがあり、
「なんなのこの組み合わせは?」と奇怪に感じてから
白洲次郎氏が気になっておりました。
(結局さんまさんの番組は観ませんでしたが・・・)

で、偶然見つけたこの本で、どんな人物か勉強してみました。

やっぱりGHQの占領政策について語らせると、非常に興味深いです。
裏側までよく知っている人間が、歯に衣着せず批評するのですから。

しかし、戦後の政策についての話になると
同時代を生きていない私には、ちんぷんかんぷんな部分も多く、
そもそもの憤りの対象である出来事自体が分かりませんでした。

本人の手による文章よりも
第三者による白洲次郎伝のほうが、素人には理解しやすかったかもしれません。

戦中戦後における白洲次郎の活躍に限定した作品を
次は読んでみたいですね。

プリンシプルのない日本 (新潮文庫)
プリンシプルのない日本 (新潮文庫)白洲 次郎

おすすめ平均
stars伝説になった男の残した諸稿
stars原則を貫く難しさ
stars本来の読み方は?
stars歯切れのよいプリンシプル
stars難しいけれど、面白い。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『トリプルX』 | メイン | Something There>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/689-a8bcf8f0
| メイン |