fc2ブログ
『見仏記 4 親孝行編』
- 2022/11/26(Sat) -
いとうせいこう、みうらじゅん 『見仏記 4 親孝行編』(角川文庫)、読了。

岡田斗司夫先生に教えてもらってみるようになった山田五郎先生の絵画解説動画。
そこに先日、みうらじゅんさんが登場し、仏像について熱く語っていたのを見て、
「『見仏記』面白かったのになー」。

第3弾で海外にまで見仏に出かけて行ってしまったので、
それで完結したような印象を持ってましたが、ブックオフで第4弾を見つけて、
「えー!終わってなかったのか!」とビックリ。
というか、第7弾ぐらいまで出てるようで、まだまだ楽しめそうです。

第4弾は、再び国内に戻っての見仏となりますが
奈良や京都などの基本のお寺のツアーから穏やかに始まり、
中盤、「親見仏」として、いとうせいこう父母が加わった4人組ツアー、
続いてみうらじゅん父母が加わった4人組ツアーと、
思いもよらない変化球を混ぜてきて、見仏以外に、「親子とは」という裏テーマが
非常に興味深かったです。

つまりは、家族旅行に友達がひとりくっ付いてきているような形になるのですが、
私だったら恥ずかしくて無理。
そもそも、友達の前での私と、家族の前での私は全然別人ですから。
標準以上に、私はその空間の人間関係や自分の立ち位置によってキャラ変えちゃうので(苦笑)。
この4人組ツアーを敢行できるなんて、友達同士がお互いを信用してないと無理だと思います。
いとうさんとみうらさんって、本当に仲良しというか、信頼しあってるんだなと分かりました。

そして、家族旅行に余計なものがくっ付いてきている形だからこそ、
その余計なものの視点で見つかる気づきがあり、
息子と同じ行動を取ってしまう父親、息子の変なところが母親に由来することが発覚、など
あ、血の繋がりって、こういうことなのか・・・・・と実感できるシーンがたくさんあり、
面白く読みました。

それでいて、見仏の対象は即身仏!
親子でミイラ見に行ってどうするのよ・・・・と思ったら
なんとみうらじゅん氏は子供の頃に百貨店の催事で両親とともに即身仏を見ているそうで、
キワモノの超エリート教育を施す家庭だったんだなと、みうらじゅん誕生の原因が判明。

この親仏記が面白過ぎて、最後、本当の見仏としてはイチオシであろうと思われる
北陸見仏ツアーが、ちょっと地味な感じになっちゃったのは、まぁ仕方ないよね。
お二人がとっても見仏の成果に満足していることは伝わってきたけど、
でも、親子の縁にはかなわないわ。






にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  みうらじゅん | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『「人たらし」のブラック心理術』 | メイン | 『なぜ、脳は神を創ったのか?』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6873-120fdd73
| メイン |