FC2ブログ
『死因』
- 2007/09/17(Mon) -
パトリシア・コーンウェル 『死因』(講談社文庫)、読了。

久々の検屍官ケイ・シリーズをば。
見事に作品の順番を無視して読んでますが(苦笑)、
古本屋で見つけた順ですから、止む無し。
本作でも、いつの間にかウェズリーやルーシーの身に大きな変化が訪れてました。

さて、内容ですが、カルト教団ニュー・シオニストの影がちらつく
ケイの周辺人物が狙われた不審死事件。
物語の展開はいつもながらに面白いのですが、
カルト教団の描き方が薄っぺらい気がしてなりませんでした。
オウム真理教関連の本やカルト教団をテーマにした濃厚なフィクションを
これまでに読んだことがあったので、どうしても比較してしまうようです。

また、最後は、大規模なテロ行為につながっていくのですが、
正直なところ、検屍官が主人公である作品が手に負える規模を
超えてしまっているんじゃないかと苦笑。

登場してくるキャラクターや会話の応酬、捜査の進め方などは楽しめるのですが、
作品全体の仕上がりとしては、大味な気がしました。


死因 (講談社文庫)
死因 (講談社文庫)Patricia Daniels Cornwell 相原 真理子

講談社 1996-12
売り上げランキング : 20195

おすすめ平均 star
star宗教モノ
star現実みを小説に与える多発する事件

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アンダーグラウンド (講談社文庫)
アンダーグラウンド (講談社文庫)村上 春樹

おすすめ平均
stars「職業倫理」という言葉が心に残った
stars「本の厚さ」に隠された村上春樹の「したたか」な狙い・・・
stars家庭の幸福がカルトの敵
stars情景が伝わってくる
stars直接は関係ないけど

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オウム帝国の正体
オウム帝国の正体一橋 文哉

おすすめ平均
stars結論なしの読む価値なし、低知性の著者
stars加筆が必要
starsオウム事件の背景、国際的陰謀と闇社会・政治家の利権
stars確かにオウムに存在する闇の深さが不気味。
stars村井刺殺犯・除受刑者は北のスパイだった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

慟哭 (創元推理文庫)
慟哭 (創元推理文庫)貫井 徳郎

おすすめ平均
starsおもしろいけど…
stars文章は上手いが、手法的な古さを感じる。
starsインパクトのあるタイトル
stars人間の内面
stars「慟哭」、表題を見ただけで買った。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  P.コーンウェル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『阿修羅のごとく』 | メイン | 『ドクタードリトル2』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/686-010d7bc1
| メイン |