fc2ブログ
『重大事件に学ぶ「危機管理」』
- 2022/10/18(Tue) -
佐々淳行 『重大事件に学ぶ「危機管理」』(文春文庫)、読了。

著者の本は、どの本も基本的には同じ出来事を何度も使いまわしている感がありますが、
でも、やっぱり「危機管理」というのは対応に失敗すると致命的な状況に陥るという重大事ですし
また著者の他に「危機管理」を語れる人物がいないという点もあり、
著者の本を何作も読んでしまいます。

そして、かつて読んだことのあるエピソードだとはわかっていても、
その時の自分の立場(小さいながらも組織のトップを務めることになったとか)や、
それまでに自分が経験した出来事(1500人ものお客様が関わる緊急事態の対応方法に助言を求められたとか)で
読んだときに感じることや、印象に残ることが違ってくるので、
やっぱり読んでよかったと、毎回感じる次第です。

本作では、警備のトップとして現場の1人1人の警察官に向けて言った
「天皇陛下がキミの目の前を通過するのは1分30秒だけだ。
 しかし、その1分30秒の間、天皇陛下とテロリストの間に立っているのはキミだけだ」
この訓示は、安倍元総理の銃撃事件の後に読むと、非常に重たいものを含んでいますね。

昭和天皇の大喪の礼に際しては、直前に新宿御苑周辺5キロ以内の建物の
新宿御苑側の窓20万カ所をすべて、しかも3回訪問チェックをしたと書かれており、
この徹底ぶりは、その現場の労力を思うと、なかなか指示できないことだと思います。
しかし、指示する指揮官と、実行に移す現場の両方が揃っていることが
無事に鎮魂の雰囲気で終えられたという結果に結びついているんだなと実感しました。

先日の国葬儀において、全国の警察官を動員するのは税金の無駄だという意見がありましたが、
私は、こういう機会に、47都道府県の警察署から選抜された警察官が、
日本の警備能力の最も優秀な組織のトップの指揮命令下に直接入って実践経験を積むということに
非常に意味があるのではないかと思いました。

まぁ、奈良県警の署長さんは警備のエリートコースを歩かれていたようなので、
それであの警備体制判断なのか・・・・・・と思うと、
佐々さん亡き後の日本の警備組織は、レベルが下がっているのかもしれませんが(苦笑)。

国葬義実施における税金の有効活用を議論するなら、単なる表面的な数字の話ではなく、
警備なり運営なりに関わった人間や組織に、どれだけの学びがあるのか、
そういう、将来に繋がる効果についてまできちんと意識した議論をしてほしいものです。




にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  佐々淳行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『超マクロ展望 世界経済の真実』 | メイン | 『ドキュメント 金融庁 VS 地銀』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6850-5b98309b
| メイン |