fc2ブログ
『冤罪』
- 2022/08/31(Wed) -
藤沢周平 『冤罪』(新潮文庫)、読了。

先日読んだ井沢本で、藤沢周平が織田信長のことを「意味なく冷酷すぎる」と評価していることに対し
長いページを割いて反論してたのが印象に残り、積読だった藤沢本を読んでみました。

藤沢作品は、武士の世界を中心に、市井に暮らす人々の何気ない日常を描いた作品が多く
著者の庶民に寄り添うような温かな視線を感じることが多いので、
確かに、織田信長の改革の気風とは合わなそう(苦笑)。

藤沢周平作品が、戦国時代の武将たちや、その後の豊臣・徳川政権のリーダーたちを
取り上げているようなら、当時の武将の国家観がどういうものだったのか
なるべく現実に即した理解というものが作品の世界観にも大きく影響するような気がしますが、
本作のように、武士階級の中でも最下層で、農業に片足突っこんでないと生活が成り立たないような
そういう階層の人々を主人公にするなら、彼らはむしろ「殿や家老が何を考えてるのか分かりませんわー」
という感じだと思うので、織田信長の社会構想の偉大さに共感を持てない著者の方が
同じ目線に立てるのかなと思いました。

ちょっと皮肉っぽい言い方になってしまいましたが、藤沢作品には藤沢氏らしい優しさが必要なので
反織田信長の感覚が必要なのかなと思いました。

具体的な作品としては、どれも満足できる水準でしたが、
特に「夜の城」「臍曲がり新左」が面白かったです。

「夜の城」は、高熱の病に倒れ、それ以前の記憶を一切なくしてしまった下級武士が主人公。
もう一度、仕事をゼロから教えてもらい、日々、地道に仕事をこなします。
家でも妻と2人で静かに暮らしていましたが、妻が外で男に会っているのではないかという
疑念を抱く出来事があり、妻を尾行したりしているうちに、ふと自分を取り巻く様々な出来事に
何か裏があるのではないかと思うようになり・・・・・・この物語展開の立体感が
なんとも面白かったです。

「臍曲がり新左」は、その性格の面倒くささから同僚に嫌われている新左。
一人娘と2人で生活しており、隣に住む若侍が娘にちょっかいを出してくるのが気にくわない。
そこに、藩内のお家騒動が絡んできて、斬り合いの現場に駆り出された新左は、
その周辺でうまく立ち回る隣の息子の姿を見て、人物評を改める・・・・・。
エンディングの温かさまで含め、登場してくるキャラクターたちの人間臭さ、愛らしさが
際立った良い作品だと思いました。

藤沢作品は、やっぱりこうでなくちゃね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  藤沢周平 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』 | メイン | 『環境危機をあおってはいけない』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6812-f3e1cd19
| メイン |