fc2ブログ
『送り火』
- 2022/07/19(Tue) -
重松清 『送り火』(文春文庫)、読了。

「フジミ荘奇譚」から始まる短編集。
冒頭のこの作品は、勤務先での不倫がばれたことから、
仕事を失い、家庭を失い、とことん堕ちてしまった男が辿り着いた激安アパート。
同じアパートに住む5人の老女に気に入られ、ありがた迷惑な世話を受けますが、
次第に、この老女たちが、化け猫だという噂が耳に入り・・・・・。

重松作品らしくない思わぬホラーな味付けで始まりましたが、
続く「ハードラック・ウーマン」では、駅前でぼーっとしているホームレスの老女を
お地蔵さんに見立てて、このホームレスに願い事をすると叶うという嘘のネタを
週刊誌のコラムに書いたことでホームレスにマスコミが殺到しプチパニックとなる顛末。
こちらも、このホームレスの佇まいが、なんだかあやかしのような存在で、
ホラーチックな味付けです。

こういうホラー作品を集めた短編集なのかな?タイトルも「送り火」だし・・・・と思い始めたら
「死」とか「廃」とか「墟」とかが入り混じった作品が続き、
おー、おどろおどろしいよー。

ガツンとホラーというのではなく、重松作品の生活感あふれる舞台装置に
ちょっとホラーな味付けがなされることで、余計にリアリティがあるように思えて怖いです。

結構、登場人物たちは、そのホラーな感覚を受け入れているというか、
拒絶せずに、そういうこともあるかもな・・・・と受け止めて、
自分の人生を前向きに変える転換点として利用しようとしているので、
人間って強いんだなぁと変なところで感心してしまいました。

全ての短編が、「武蔵電鉄富士見線」の沿線で起きているという点だけで
ゆるーく結びついている作品集です。
そういえば、私が大学進学で上京し、親に借りてもらったアパートは
富士見通り沿いに立ってました。
自分の部屋の窓から富士山を見たことは4年間で一度もなかったですけど(苦笑)。
多摩方面には「富士見」という地名は多いのかもしれませんね。




にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  重松清 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『師弟』 | メイン | 『ロウアーミドルの衝撃』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/6777-b87fdaf8
| メイン |